人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年10月19日

アモレビエタの自滅でカルタヘナ勝利も、岡崎慎司は消化不良で途中交代

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
岡崎慎司

岡崎慎司

アモレビエタ戦の岡崎慎司は今季最低の出来だったかもしれない。

64分に下げられるまでに、DFからのパスをキープしチャンス作りに貢献できたのはわずか1回。交代直前には簡単なトラップミスもあった。3トップのうち、ルベン・カストロは見事なバイシクルシュートを決めていたし、ダウダは裏への飛び出し一発で決定機を作れるスピードがあるからリードされている場面では外せない。代えるなら岡崎しかなかった。で、ルイス・ミゲル・カリオン監督はボアテングを入れ、この交代策が的中してカルタヘナは逆転に成功する。

カギはシステム変更にあった。

アモレビエタの[3−5−2]に対してカルタヘナは[3−4−3]だった。前線ではカルタヘナの数的有利、中盤ではアモレビエタの数的有利。11人対11人だからどこかで有利ができればどこかで不利ができる。[3−5−2]に[3−4−3]で臨むこと自体は何の問題はない。だが、数的有利である3トップ、特に岡崎にボールが入らなかったことで中盤の不利だけが際立つ展開になっていた。守備的MFボアテングの投入でシステムを[3−5−2]に変更し数的同数での勝負となって、それをカルタヘナが制したわけだ。

85分のオルトゥーニョ、アレックスの投入も前者がアシストし後者が決勝点を挙げたことで成功した。オルトゥーニョはこれで3アシスト、2得点。次節(19日スポルティング戦)は、岡崎に代えて長身の彼をセンターに入れて左にダウダ、右にルベン・カストロの形もあるかもしれない。

とはいえ、シュート数19対9、CK数7対2(カルタヘナの最初のCKは80分!)という内容で敗れたのはアモレビエタの自滅だった。2部で最も予算が少なく、ホームタウンの人口が1万9000人で、昨日の試合が行われたのはアスレティック・ビルバオの練習グラウンドというアモレビエタは、非常に良いチームだった。

プレースタイルはアスレティック・ビルバオやオサスナの流れを汲むもので、ロングボールを前線の大型FWに当ててキープすると、その間にチーム全体を押し上げて敵陣に殺到する。フィニッシュまでに手数を掛けず、相手にボールを奪われても激しいプレスで奪い返し、波状攻撃を仕掛ける。当初からDFラインが高いわけではないが、ロングボールをキープしている間にラインを上げて、一旦上げたらなかなか下げない。敵陣で過ごす時間が長ければ長いほど、優勢に試合を進められる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ