人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月24日

先発出場の久保建英、適正はトップ下? 原大智は移籍濃厚か。

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
久保建英

アラベス戦で先発出場した久保建英

先週に触れた日本人対決はならなかった。原大智がベンチにも入らなかったからだ。どうやら移籍となるらしい。

このまま在籍しても同タイプのホセルが絶対的なレギュラーなので出場は難しい。おそらくアラベスの計算は「ホセルが移籍。原がその穴を埋める」だったと思うが、先週セビージャがラファ・ミルを獲ったことでホセルの移籍はなくなった。で、余剰戦力となった原が出て行く、というのは残念だと思うのと同時に、最近よくあることでもある。

選手を獲得し、ろくに試しもしないで放出する、というのが目立つ。外国人選手については昔は覚悟して獲りに行くもので、スター扱いで迎えたものだが、今は外国人枠すら空けないで獲って、結局枠に入り切れないから放出するなんてケースすら当たり前にある。特に若い選手がそういう扱いを受ける。

今は各クラブお金が無く、どこも市場が閉まるギリギリの“バーゲンセール”を狙っている。獲れる時に獲っておいて辻褄は後で合わせる、という風になっているのだ。マラガが岡崎慎司を獲ってから結局、年俸枠に収まらず放出したことを思い出す人もいるだろう。

こういうやり方は選手のためにならない。だが、他の国では知らないが、スペインでは普通のことになろうとしている。選手が商品化され、ぐるぐる市場を流動する。非人間的である。

久保建英のことを書こう。この試合、久保は[4-2-3-1]のトップ下で先発し、[4-2-3-1]の右サイドで交代させられた。

トップ下の方は久保の持ち味が出るようによく計算されていた。ロングボールを入れる時には、アブドン、ダニ・ロドリゲス、ムボウラが最前線に張り、アラベスの最終ラインが上がらないようにし、久保がポジションを下げていた。久保にハイボールを競らせても意味がない。よって、彼は落としたボールの拾い役。ほぼフリーで拾えていた。アラベスの最終ラインは4枚、マジョルカの最前線は3枚。久保にマークを付ける余裕がないからだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ