人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年3月26日

コストがかかるビッグネームの補強は時流に逆らう愚策だ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
エムバペ

キリアン・エムバペ

コパ・アメリカが6月11日、その翌日にヨーロッパ選手権が開幕し、プレミアリーグの21-22シーズンは8月14日にスタートする予定だ。コロナ禍は続くものの、フットボールは動いていく。

未曾有のパンデミックにより、今夏の移籍市場も解読が難しい。メガクラブでさえ大幅な収益低下を余儀なくされているのだから、補強費は抑制せざるをえない。2020年夏と今冬の市場も、総額で50%ほどトーンダウンした。

したがって、今シーズン限りで所属クラブとの契約が切れるジャンルイジ・ドンナルンマ(ACミラン)、メンフィス・デバイ(リヨン)、ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)など、働き盛りの選手には多くのオファーが届くだろう。

バイエルン・ミュンヘンはダビド・アラバとの契約を更新せず、リヴァプールのジョルジニオ・ワイナルドゥムもフリートランスファーとなる公算が非常に大きい。一部ではバルセロナとの合意説まで流れはじめている。

さて、入場料収益がまだまだ期待できないのだから、各クラブは知恵を出さなくてはならない。

コストがかかりすぎる即戦力の、要するにビッグネームの補強は時流に逆らう愚策だ。会長、強化担当、監督がミーティングを重ね、トップランクとはいえないリーグで燻る逸材に目を向けるべきだ。その傘下に世界中のクラブを保有するマンチェスター・シティは、すでにアドバンテージを握ったといって差し支えない。

とはいえ、補強を怠ったクラブの大半が、前シーズンを下まわって着地する。強化すべきポイントと経済のバランスを整えながら、戦力の拡充を図る可能性は決して小さくない。

パリSGのキリアン・エムバペ、ドルトムントのアーリング・ハーランがメガクラブ垂涎の的だったとしても、パンデミックのなかでは1億ユーロ(約129億円)前後の移籍金を用意することは難しい。リオネル・メッシのフリートランスファーは魅力だが、年齢(今年6月で34歳)高額の年収を踏まえると手を出しづらい。17年11月にバルセロナと交わした契約は1億3800万ユーロ(約178億円)だったと、スペインの日刊紙『ムンド・デポルティーボ』が報じていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ