人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年1月22日

ユナイテッド首位快走の陰にデヘアとショーの復調がある

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ルーク・ショー

ルーク・ショー

あえて断言しよう。完全に復調した、と──。

今シーズン、ダビド・デヘアとルーク・ショーのパフォーマンスが急激に上向いている。両選手の好調も、マンチェスター・ユナイテッドが首位を走る要因だ。

昨シーズンまで、デヘアは不安定だった。簡単なボールの処理を誤ったり、短い距離のフィードを相手に渡したり、目を覆いたくなるようなプレーも散見した。

「ユナイテッドではモチベーションを維持できない」
「高給にあぐらをかいている」
「もはや過去の選手」

などなど、各方面から猛烈なバッシングを浴びていた。しかし、今シーズンは非常に安定しており、再三の好セーブでピンチを防いでいる。

コーチのマイケル・キャリックはこう言った。

「やはり、ディーン・ヘンダーソンの存在が大きいのではないかな」

イングランド代表にも名を連ねる実力派GKがシェフィールド・ユナイテッドからローンバックしたことにより、デヘアの尻に火がついた。「ひとつのミスで居場所がなくなる」と危機感が芽生え、集中力が研ぎ澄まされたと推察できる。

昨シーズンまでの控えはセルヒオ・ロメロ、リー・グランド。彼らには申し訳ないが、デヘアのライバルとしては力不足だ。しかし、ヘンダーソンのレベルはだれもが認めるところであり、依然として内外のビッグクラブが注視しているほどだ。格好の競争相手によって、デヘアはプロのプライドをくすぐられた。

さて、ショーも競争相手の出現によって目覚めたひとりである。彼のプライドを刺激したのは、アレックス・テレスだ。

「左足から放たれるクロスの精度、頻繁に繰り返される上下動、インナーラップのタイミングなど、すべてショーをしのぐ」との前評判だった。「定位置確保は間違いない」とさえいわれていた。

ショーにすれば「ふざけるなよ」である。プレミアリーグでは “一見さん”(いちげんさん)でもないテレスに、闘わずしてポジションを明け渡すわけにいかない。太りやすい体質だが今シーズンはグッドシェイプを保ち、左サイドバックで存在感を放っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ