人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年5月1日

一撃必殺、即チャンス!エデルソンから前線へ超ロングフィード

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

汎用性が高いフェルナンジーニョなら、3バックもこなしてくれるに違いない。G・シウバはアーセナルの無敗優勝に貢献したMFだが、その堅実性と対人プレーの強さは、最終ラインでも活用できると考えた。

中盤はアンカーにL・レイヴァ、右インサイドにラミレス、左にはエドゥーの質実剛健型を配置する。いずれも戦術眼、運動量に優れ、好不調の波が少ない安心できるタイプだ。彼らのサポート能力により、オスカルの創造性はより発揮されるだろう。

嗚呼オスカル……。中国に渡って早3年。チェルシーを離れた家庭の事情も分かるが、そろそろヨーロッパに戻って来ないか。だれもが認めるセンスは、やはりトップレベルで堪能したい。有能なタレントをかき集める予定のニューカッスルでワンステップし、ふたたびメガクラブへというシナリオを描いてみないか。

さて、新聞事例とはいえ、コウチーニョもニューカッスルの補強候補に名を連ねていた。リヴァプールを去った後、バルセロナでもバイエルンでもイマイチだが、この男の才能に異論を挟む余地はない。オスカル、ウィリアン、フィルミーノとの連携は想像するだけでワクワクする。ことし6月で28歳。キャリアの頂点はずっとずっと、まだまだ先だ。

そうだ! 彼ら前線に、エデルソンから超ロングフィードはどうだ!? 一撃必殺、即チャンス! アリソン・ベッカー(リヴァプール)ではなく、シティのGKを選んだ理由がここにある。

なお、次回はアルゼンチン・ヴァージョンを予定し、ただいま絶賛人選中。ブラジルよりも実戦に即したメンバーになりそうだ。お楽しみに──。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ