人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年3月25日

世界的な災厄の中でスポーツが持つ力とは……。ベルガモという北イタリアの小さな街に寄せる心

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

ヨーロッパでは新型コロナウイルス(Covid−19)の感染拡大が止まらず、選手などへの感染の情報も多いし、またレアル・マドリードのロレンソ・サンス元会長が死去するなど影響が続出している。

UEFAは6月の欧州選手権(EURO)の1年延期を決めたのに続いて、5月に予定されていたチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ決勝の延期も決定した。両大会とも決勝トーナメントに入ったところで中断しており、再開のメドも立っていない現状では当然の決定だろう。

感染が爆発的に拡大しているのがイタリアで、死亡者数はついに中国を上回って6000人を突破してしまった。イタリアと中国の人口比を考えれば、信じられない様な数字である。とくに深刻なのが同国北部のロンバルディア州で、中でも同州のベルガモでは約12万人の人口の半数が感染し、医療態勢が追いつかない、いわゆる「医療崩壊」が起きているとも言われている。

ベルガモは、本来なら今頃は歓喜に包まれているはずだった。

というのも、ベルガモを本拠地とするサッカー・クラブ「アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ」がチャンピオンズリーグのラウンド16でバレンシアを相手に4対1、4対3と連勝して、準々決勝進出を決めていたからだ。

セリエAの常連とはいえ、アタランタにとってはチャンピオンズリーグに出場するだけでも大きなことなのに、なんとベストエイトに進出したのだ。しかも、グループステージでは3連敗スタートという状況から、逆転で決勝トーナメント進出を決めての快挙だった。

新型ウイルスの感染さえなければ、本当だったら、今頃は準々決勝の対戦相手も決まって、街中の人たちが期待に胸を躍らせていたはずだったのだ。

ベルガモは、ミラノから日帰り観光も可能な山に囲まれた風光明媚な小都市だ。自転車のロードレース、ジロ・ディタリアでも、アタランタでのゴールが設定されると、ゴール前の城壁を臨む上り坂は実に美しいコースだった(そういえば、ジロの延期も決まってしまった)。

小都市ベルガモのクラブであるアタランタが、長くセリエAに定着できているのは、このクラブが育成面で素晴らしい成果を上げているからである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ