人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年1月31日

データ重視の人選ならばピックフォードよりヘンダーソン

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

所属するシェフィールドの調子もすこぶるいい。24節終了時点の23失点はリヴァプールの15失点に次ぐリーグ2位の好成績だ。攻→守の切り替えが素早いフィールドプレーヤーと結束力をもたらしたビリー・ワイルダー監督に、ヘンダーソンは感謝しなければならないだろう。ただ、今シーズンの彼は凡ミスが激減している。雑なピックフォードは周囲に余計な不安を巻き散らす。

1週間前の当コラムでも指摘したように、ハリー・ケインとマーカス・ラシュフォードの負傷によって攻撃のプランが崩れた。したがってヨーロッパ選手権の成否は、守備力が大きなカギを握る。トレント=アレクサンダー・アーノルド、キーラン・トリッピアなど、右サイドバックは人材豊富だ。左サイドはベン・チルェルの成長で計算が立ち、センターバックはジョー・ゴメスの復調が心強い。だからこそ、より慎重なヘンダーソンをGKに起用した方が、イングランド代表は落ち着く公算が大きい。ピックフォードは突然、自分ひとりでリズムを崩す悪癖もあるからだ。

ドイツはマヌエル・ノイアーとマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、イタリアもジャンルイジ・ドンナルンマとサルバトーレ・シリグを擁している。ライバルに比べると、イングランドはGKの質が低い。サウスゲイト監督も、データ重視の人選を一考すべきではないだろうか。

なお、『フットボール365』の格付けに興味のある方は下記まで。
https://www.football365.com/news/keeper-stats-kepa-most-expensive-alisson

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ