人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月19日

FIFA U−17ワールドカップは実力接近の世界。実力接近のバトルを制するのは運と力

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

ブラジルで開かれていたFIFA U−17ワールドカップは11月17日(日本時間18日)に決勝戦を迎え、ブラジルがメキシコに逆転勝ち。追加タイムでの決勝ゴールという劇的な形で2003年大会以来通算4度目の優勝を飾った。優勝候補の一角にも挙げられていたブラジルは、終わってみればグループリーグから決勝戦まで7戦全勝という圧倒的な成績でカップを掲げることとなった。結果だけを見れば、まさに“圧勝”だ。

だが、内容は接戦の連続だった。

準決勝ではフランスに試合をコントロールされ、13分までに早々と2点を奪われたのだが、リードしてからフランスが受け身になってしまったこともあって、最後に大逆転で決勝にコマを進めた。

そして、決勝でもブラジルは開始直後からずっと攻め続けていながら、なかなか決定機が作れないという悪い流れの中、逆にメキシコの「唯一の」と言ってもいいようなチャンスを決められて大苦戦となった。

J SPORTS 放送情報

84分に生まれたブラジルの同点ゴールはVARによるPKだった。映像で見ても、メキシコDFの深いタックルを受けたベロンは、タックルの衝撃を避けるために自分でジャンプしたようにしか見えなかった。つまり、かなり幸運なPK判定だったと言わざるを得ない。そして、最後は超攻撃的な右サイドバックのヤン・コウトのクロスにラーザロが詰めて、優勝を手繰り寄せた。

ラーザロは、フランスとの準決勝でも終了直前に逆転のミドルシュートを叩き込んだ男だ。どんな大会でも優勝というのは実力だけで勝ち取ることは難しいもの。ラッキーボーイの出現も含めて、ブラジルは実力とともに幸運も持ち合わせていたということだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ