人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月7日

カナダ相手に大勝のなでしこジャパン。コンビネーションなだ完成度はまだまだ

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

2020年東京オリンピックでの金メダル獲得を目指してリスタートを切った日本女子代表(なでしこジャパン)。

その最初の一歩となるカナダ代表との親善試合が行われ、日本が4対0と大勝した。前回対戦した2018年アルガルベカップでは0対2で敗れた相手だったし、また、6月の女子ワールドカップでは得点が取れずに苦しんだ記憶があるだけに、大量4点を奪っての快勝は自信を取り戻すためのきっかけとなっただろう。

だが、内容的には「まだまだこれから」と言わざるを得なかった。

J SPORTS放送情報

今年のワールドカップでは、開幕直前まで新戦力のテストを繰り返し、大会直前までメンバーを固めることができずにラウンド16で敗退となったなでしこジャパン。この反省からか、高倉麻子監督はワールドカップ出場メンバーを中心に選手を招集した。これまでにも、長く一緒に戦ってきたメンバーだ。しかも、なでしこリーグで4連覇中の日テレ・ベレーザからは11人もの選手が招集されており、クラブでのコンビネーションも生かせるはずだ(先発11人は日テレが4人、INAC神戸が3人、浦和レッズが2人。それにリヨンの熊谷紗希が唯一の海外組)。

つまり、かなり完成度が高い状態からスタートできるのかと僕は思っていた。

だが、やはり「ワールドカップが終わって再出発」という状況だったせいか、チーム作りはいったん振出しに戻ったようだった。日本らしいパスワークはあまり見られず、あちらこちらでミスが多発した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ