人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年12月18日

アンフィールドでマンUを圧倒したリヴァプール。優勝に向けての課題は攻撃をいかにゴールに結びつけるか

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

イングランド・プレミアリーグ第17節。前節、マンチェスター・シティが敗れたことによって首位に立ったリヴァプールがホームのアンフィールドにマンチェスター・ユナイテッドを迎えて圧勝。首位の座を守るとともに、その攻撃サッカーの力を示した。

さて、リヴァプールはこの後も首位の座を走って、久しぶりのリーグ優勝のタイトルを手にできるのだろうか。

かつて、1970年代から80年代にかけて2人の名将ビル・シャンクリー(1959~74年)とボブ・ペイズリー(1974~83年)によって築き上げられたリヴァプール黄金期のチームは「イングランド最強」の名をほしいままにし、1972/73年シーズンから1989/90年シーズンにかけてフットボール1部で11度の優勝を飾り、ヨーロッパ・チャンピオンズカップでも4度優勝。その後、2005年にもチャンピオンズリーグで優勝している(監督はラファエル・ベニテス。そう、あの「イスタンブールの奇跡」の時である)。

だが、その名門リヴァプールも、プレミアリーグ発足後はリーグ戦のタイトルに見放され、その時代にイングランド・サッカー界に君臨し、また、プレミアリーグの国際的な人気急上昇に乗って国際的なブランドとなったマンチェスター・ユナイテッドの後塵を拝し続けたのだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧