人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年12月10日

プレーオフ争いがますます激化。冬場はやはりFリーグの熱戦がお楽しみ!

Fリーグコラム by 後藤 健生
  • Line

Jリーグのすべての日程が終わり、例年ならこれから天皇杯が佳境を迎える時期だが、今年はリーグ戦閉幕の翌週に天皇杯も決勝戦を迎えることとなった(これが、リーグ戦とカップ戦の本来あるべき姿だ)。インカレや年代別大会や皇后杯、そして高校選手権などもあるが、日本のサッカー・シーズンは冬のシーズンオフに入る。

そういえば、今年はラグビーもワールドカップ準備の影響で全日本選手権が前倒しで年内に終わってしまう。フットボールは本来なら冬のスポーツだというのに、この冬、日本列島からはフットボールがなくなってしまうのだろうか。

そうだ、フットサルのFリーグがあるじゃないか!

そこで、今週末、僕はFリーグの観戦に行ってきた。

6月に開幕したFリーグも気が付けばもう第26節を迎えている。全12クラブの3回戦総当たりで行われているFリーグは第33節までだから、2月のプレーオフに向けて、いよいよシーズン終盤を迎えようとしているところだ。2月のプレーオフにはリーグ戦首位から3位までのチームが参加し、2位対3位で行われる準決勝の勝者が、リーグ戦首位のチームと優勝を懸けて争う。

今シーズンのFリーグでは名古屋オーシャンズがやはり絶対的な強さを誇っており、焦点はプレーオフ進出争いの方に絞られている。

第26節には、そのプレーオフ争いに絡むビッグマッチがあった。2位のシュライカー大阪が、3位の立川・府中アスレティックFCのホームに乗りこんでの直接対決である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ