人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年10月26日

ACL準決勝での鹿島と水原の大激闘、欧州王者への挑戦の機会は、今後も確保してもらいたい

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

鹿島アントラーズが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝で韓国の水原三星(スウォンサムソン)ブルーウィングスと壮絶な撃ち合いを制して決勝進出を決めた。

ホームで行われたファーストレグでは立ち上がりに不用意な2失点を許したものの、そこから反撃に移り、残り時間わずかとなってから2点を奪って3対2と逆転勝利。だが、水原には貴重なアウェーゴールを2点も与えてしまった。

そして、アウェーのセカンドレグでは、前半は水原の流動的な攻めをうまくしのいでフリーキックから先制。優位に立って試合を進められるかと思われたが、後半に入ると水原が前線に朴己東(パク・キドン)を投入。デヤン・ダミヤノビッチと組んだツートップに変えて早めにクロスを入れるシンプルな攻撃に徹したことで鹿島は押し込まれてしまう。

日本チームにとっては、韓国のパワーを使ったシンプルな攻撃こそが最も怖いのだ(前半のようにきれいにパスをつないでくれた方が助かる)。そして、後半の15分までに3ゴールを奪われた鹿島は、2試合合計でも3対4と逆転を許してしまったのだ。

ここが、勝負の分かれ道だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧