人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月21日

勝負を決めたのはエデン・アザール!チェルシーが昨季プレミア王者の意地見せ、FAカップ制覇

元川悦子コラム by 元川 悦子
  • Line

イングランドの17-18シーズン最後を飾るFAカップ決勝が19日、ウェンブリー・スタジアムで行われ、チェルシーがマンチェスター・ユナイテッドを1-0で下して、今季ラストタイトルを獲得。昨季プレミアリーグ王者の意地とプライドを最後に示した。

プレミアリーグを5位で終わり、来季UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)出場権を逃したチェルシーにとって、このFAカップファイナルはクラブの名誉に賭けても獲りたいタイトルだった。「FAカップで優勝しても今季限りで解任されるのではないか」という噂が出ていたアントニオ・コンテ監督だが、この日も3-5-1-1の布陣を採用。

今季積み上げてきた守備的なスタイルを貫き、なりふり構わず勝ちに行った。もちろんカギを握るのは、セスク・ファブレガス、エンゴロ・カンテ、ティエムエ・バカコヨの3ボランチ。「コンテシステム」の象徴的存在と言ってもいい彼らが的確にバランスを取りながら、攻守両面で連動できれば、チーム全体が安定感あるサッカーを見せられる。それをこのビッグマッチで証明したかった。

先手を取ったのはチェルシーの方。前半21分にセスク・ファブレガスの巧みなロングパスにエデン・アザールが反応。見事なファーストタッチでマークについていたDFフィル・ジョーンズの前にスッと出て、ペナルティエリア内でファウルを誘った。そして自らPKを蹴り込んで先制ゴールをゲット。大舞台で大仕事をやってのけたのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧