人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月4日

リヴァプールはリヴァプールらしくトップ4フィニッシュへ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

モハメド・サラーとサディオ・マネがえげつないスピードを発揮し、ロベルト・フィルミーノはゼロトップ気味に振る舞ってチェルシーDFのバランスを駆逐する。マイボールになった瞬間は複数の選手がスプリント、相手ボールの際は前線から追い込む。セサル・アスピリクエタを除くチェルシーDF陣はプレッシング対応を苦手としているため、少なからずミスを誘える。スタメンが有力視されるティエム・バカヨコもボールロストが目立つMFだ。要するにリヴァプールに求められるものは、普段どおりのパフォーマンスである。

ただ、チェルシーがオリビエ・ジルーを前線に起用してきた場合は要注意だ。ローマのエディン・ジェコにはやや劣るものの、ジルーのポストワークもレベルが高い。アスピリクエタ、あるいはセスク・ファブレガスから正確なロングボールが配されてDFラインが下がりすぎると、全体のラインが間延びする。ライン間にスペースが生じる。リヴァプールにとっては歓迎できないシチュエーションだ。チェルシーには中六日という日程的なアドバンテージもある。

それでも、マージーサイドの名門が有利だ。決勝進出によって、CLのストレスから解放された。決勝まで3週間の猶予がある。敵地スタンフォード・ブリッジでも直近2シーズンは連勝だ。また、チェルシーが2008年の14試合でクリーンシートが5試合しかなく、DF陣が淡白になりつつある実状も、試合の行方を大きく左右するに違いない。

勝てば9ポイント差……。今週末、リヴァプールはトップ4を確定するか!?

※チェルシー対リヴァプール戦は、5月6日(日)深夜0時15分からJ SPORTS 2でライブ中継いたします。

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ