人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年12月15日

【輪生相談】今中学3年生なのですが、日本国内のコンチネンタルチームに入るのはやはり難しいのでしょうか?|サイクルロードレース

輪生相談 by J SPORTS 編集部
  • Line

高校卒業後に渡仏し現在も世界トップカテゴリーチームで活躍する新城幸也選手

最後にひとつ、重要なことを付け加えておきます。もし質問者さんが世界を目指しているならば、しかも圧倒的に才能があるのならば、日本のコンチネンタルチームはスキップしてかまいません。ある程度の準備は必要ですが、早めに本場ヨーロッパのチームを意識した方が良いでしょう。残念ですが、日本のコンチネンタルチームやアジアのレースで活躍しても、本場での活動に直結しているわけではありません。時間は有限ですのでラインを間違ってはいけません。

しかし、圧倒的な才能はなくて段階的に世界を目指す必要がある場合、あるいは日本国内で活躍することが目的なら、国内コンチネンタルチームはとてもいい選択肢です。手本となるベテラン選手や監督から教育を受け、国内で経験を積んでから世界に出て行った選手も何人かいますよね。但し、その場合でも国内コンチネンタルチームに所属しているだけでは世界には近づけないことを意識してくださいね。

東アジアという、自転車の世界では少し特殊な場所に生まれたことを忘れてはいけません。そのうえで、ご自身の才能と、選手としての目的とよく相談して決めてください。

文:栗村 修・佐藤 喬

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
ご質問の投稿はこちら


J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ