人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年10月8日

【Cycle*2021 ミラノ~トリノ:レビュー】イル・ロンバルディア制覇に向けて最高の仕上がりを披露したログリッチ「最後の1戦は、最大の1戦だ」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

【ハイライト】

ミラノ〜トリノ|Cycle*2021

かつてないほど絞り込まれた肢体で、しなやかに急坂を駆け上がった。秋の古都を見下ろすスペルガの丘で、プリモシュ・ログリッチが栄光をつかみとった。4日前のジロ・デレミーリャでの急坂フィニッシュに続くワンデー2連勝。3日後に訪れる2021年最後のモニュメント、イル・ロンバルディアへ向けて、最高の仕上がりを披露した。

プリモシュ・ログリッチ

トロフィーを掲げるログリッチ

「最高の結果だ。天気は良かったし、レースも素晴らしかった。そうそうたる強豪とワンデーで渡り合い、勝利を得られたのも素敵だった」(ログリッチ)

J SPORTS 放送情報

序盤から6人が先頭集団を作り上げ、3分ほど先を逃げていた。ポー平原に描かれたコースは、残り25km以外はほぼ平坦で、特別な難所など存在しなかった。しかし、シーズン末のプロトンは、道の終わりに聳える急坂×2回まで待ち切れなかった。

残り60km。進路が南から西へと90度変わるタイミングを、北クラシック精鋭軍は見逃さなかった。ドゥクーニンク・クイックステップがとてつもない加速を切ると、集団をずたずたに切り裂いた!

J SPORTS オンデマンド番組情報

カオスの中、分断を逃れたのはわずか5チーム・19人だけ。イスラエル・スタートアップネーションとUAEチームエミレーツは4人ずつ、ユンボ・ヴィスマは3人、モビスターは2人を首尾よく送り込んだ。2年前の同大会覇者マイケル・ウッズに、秋のイタリアワンデー転戦は初体験というタデイ・ポガチャル、後の勝者ログリッチ、41歳いまだ絶好調アレハンドロ・バルベルデと、それぞれのエースを忘れずに前へと連れて行った。

もちろん仕掛け人のウルフパックは、大量6人で前を猛烈に引っ張った。2枚目のアルカンシェルをお披露目にやって来たジュリアン・アラフィリップと、4日前のエミーリャ一周でログリッチに次ぐ2位に食い込んだジョアン・アルメイダを守りつつ、アシスト4人が風の中で先頭交代を繰り返した。前を行く逃げ選手をあっという間に回収し、後方のライバルたちにはすぐに50秒近い差をつけた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ