人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年10月25日

【ジャパンカップ / レビュー】ハイスピードである上に、極めてハイレベル。トレック・セガフレードが2日連続で歓喜

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line
ジャパンカップ

スピードの速いレースになる。事前に予言する者は多かった。日本ナショナルチーム監督の浅田顕も、その1人だった。

「集団の人数が多いままで、最終盤、特に下りに突入したくないはずなんです。つまりワールドツアー勢は、日本のコンチネンタル勢を早めに振り落としにかかる。速いレースになりますよ」

2019年ジャパンカップは、こうして高速で走り出した。宇都宮森林公園に作られた全長10.3kmのコースを全部で14周回こなすうちの、その1周目を、大会委員会側があらかじめ計算していた周回タイムより1分近くも速く駆け抜けた。準備の出来ていない者たちは、あっという間に後方へと置き去りにされた。

ハイスピードである上に、極めてハイレベル。昨季から出場人数が倍以上に増え、119人に大きく膨らんだプロトンから、2周目に8人の逃げ集団が出来上がる。例年ならば逃げを後方でコントロールしつつ最終盤に備える……傾向にあったワールドツアー勢が、今大会は全5チームがそれぞれ前に1人ずつ送り込んだ!今年のジロ・デ・イタリアで山岳賞を持ち帰り、ツール・ド・フランスではマイヨ・ジョーヌを纏ったジューリオ・チッコーネの姿さえあった。

J SPORTS 放送情報

一方で日本人選手はゼロ。国内コンチネンタルチームからはすでに43歳とは言え、かつてグランツール総合表彰台経験を持つスペイン人フランシスコ・マンセボ・ペレスが唯一喰らいついた。日本ナショナルの石原悠希が遅れて追走に乗り出すが、6周回目で「芋掘り」は終わった。

その代わり、メインプロトンの最前線に、日本勢がずらりと居並ぶことになる。2018年大会も宇都宮ブリッツェンが、3人のエスケープの後方で、集団コントロールに励んだものだ。ただし1年前とは状況が違う。昨大会のブリッツェンがあえて積極的に牽引を選んだのに対して、今回の日本勢には「引く」以外の選択肢は与えられなかった。ワールドクラスの逃げ集団の後方で、宇都宮ブリッツェン、チームブリジストン サイクリング、シマノレーシングチーム、チーム右京は必死の制御を余儀なくされた。タイム差が2分以上に開かぬように。

しかし10周目にワールドチームがこぞってメインプロトン前方へと上がり始め、11周目にユンボ・ヴィスマが猛攻に転じると、あっさり逃げ集団は吸収される。同時にメイン集団は一気に小さくなり、牽引作業で疲弊しきった日本のコンチネンタル勢は、ほぼ全員まとめて後方へと切り捨てられた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ