人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月11日

【高校バスケ ウインターカップ2019】洛南:2年前の悔しさを知る大黒柱を将来が楽しみな2年生がサポート

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
洛南高校

高校バスケットボールのファンであれば、“冬の洛南”という言葉を一度は耳にしたことがあるはずだ。比江島慎(宇都宮ブレックス)が在籍した2006年からの3年間で3連覇を成し遂げただけでなく、数多くの日本代表選手を輩出している名門校。しかし、ここ数年は留学生のいる東山に勝てない状況が続き、昨年のインターハイから全国大会に縁のない状況に直面していた。

洛南にとって2年ぶりとなった今回のウインターカップ出場は、東山に次いで京都府2位の成績で手にしたもの。とはいえ、6月の近畿大会準決勝で報徳学園を破り、東山と決勝を戦うことができたことによって京都府代表の枠を2つにできたのは、洛南が力のあるチームであることを示すものだった。吉田裕司コーチは、この1年を次のように振り返る。

「星川を中心にやる気が出てきたが、ただインターハイ予選で負けてしまい、やはりチームが沈んだ。近畿大会で報徳を破って(ウインターカップの)出場権を2枠取れたというところから、もう一度頑張ろうという雰囲気は出てきたかなと思っています。留学生のいるチームがインターハイベスト4に入るような状況を見ていると、チャンスはあるんじゃないかと…」

指揮官のコメントに出てきた星川堅信は、1年生の時からレギュラーとして活躍してきた190cmのオールラウンダー。2年前の予選決勝では東山撃破に大きく貢献していた。しかし、ウインターカップ3回戦の明成戦では、8本のリバウンドを奪ったものの無得点に終わり、チームも3点差で惜敗。悔しさと不甲斐なさが入り交じった星川は試合後、涙が止まらなかった。以来、自身とチームのレベルアップに力を入れてきたものの、東山の壁を打ち破れないまま時間が経過してしまう。それでも、どんな形であれウインターカップの出場権を獲得し、2年前の悔しさを晴らすチャンスがあることに、星川の気持は前向きだ。

「1年生の最初から試合に出してもらっていて、冬(東山)勝ててウィンターに行けました。でも、出してもらっていたのにチームから求められていることを表現できずに終わってしまって、今年は全国で活躍するぞというモチベーションで2年生に入ったんですけど、東山に夏も冬も負けてしまい、自分は何をしているんだろうって感じになりました。3年生になっても夏に負け、冬もこのような形(61対90で敗戦)であっても出場できることになったので、チームに対しての感謝や恩返しという形で活躍して勝てたらなと思っています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ