人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月4日

【高校バスケ ウインターカップ2019】富山工:団結力日本一のチームであることをウインターカップで証明する

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
富山工業高校

3年ぶり2度目の出場となったインターハイでは、1回戦で四日市工に46対94で大敗。キャプテンの平崎尋斗は、「緊張と全国の舞台を経験したことがなかったので、相手がどういうプレーをしてくるかも想像でしかなく、実際にやってみるとスピードや1個1個のプレーが全国レベルだと高いなと感じて、自分たちのプレーができませんでした」と振り返る。しかし、高校の指揮官として37年のキャリアがある松井昭博コーチの見方は違った。

「前日まで最悪の練習でした。本当に強い弱いじゃなく、これじゃ不甲斐ない、まずいなと思い、当日の朝にもう1回練習しました。その時にトレーナーの方が体幹を締めるフットワークをやってくれて、彼らも自分たちも行けるとわかりますから、動きですよね。いい雰囲気で入ったと思います。逆に言うと理屈抜きに実力がなかったのかなと、本当に」

インターハイ後、チームの目標は必然的にウインターカップ出場、全国大会で勝つことへと変わっていく。ただし、60人の部員全員が本気になっているのかという点で、松井コーチの中に疑問符があった。

“ウインターカップに出る意義は何なのか?”
“富山工は何を成し遂げたいのか?”

部員たちは昨年、セルフイメージを高める意味を込めて「日本一を狙いたい」と口にして以来、団結力日本一を目標に日々を過ごすことを心がけていた。しかし、インターハイの大敗で自分たちの姿勢を見直さなければならなくなる。松井コーチの「インターハイで負けたわけだから、団結力で日本一になったのか?」という問いかけに、部員たちは「違う」と正直に答えた。団結力日本一が何であるかを改めて考え直した時、今までやってきたことでは不十分と認めるしかなかったのである。

松井コーチがメンタル担当のコーチと話し合いを行った後のチームミーティングで、今年の目標である団結力日本一を全員で再認識。大きな助けになったのが、ワールドカップで準々決勝進出を果たしたラグビー日本代表だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ