人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月28日

大谷翔平、プホルス、トラウトを上回る球団新記録を作る

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

エンジェルスの大谷翔平は現地6月27日(日本時間28日)、敵地トロピカーナフィールドでのレイズ戦に2番・指名打者で先発出場すると、二塁打、三塁打、そして今季25号本塁打を放つなど、単打1本だけ足りなかった“サイクル逃し”の3安打でチームの勝利に貢献した。試合はエンジェルスが6-4でレイズに競り勝った。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

地元紙『オレンジカウンティレジスター」が同日付で電子版に掲載した試合の速報記事によると、チームを率いるジョー・マドン監督は試合後、大谷について、「彼はとても良い」。

そして、「見て分かる全てを超越して、彼は本当に競うことが好きなんだ。彼は勝負の瞬間が好きなんだ。彼はあらゆる才能に恵まれているが、彼は競うのが好きであり、このゲームをプレーしているんだ」と述べたとのこと。

6月までの本塁打数でチーム記録

また、記事では、同僚のフィル・ゴセリンがこの試合で決勝ホームランを放ちながらも、主役の座を二刀流スターに奪われたことから、「オオタニは勝ち越しホームランを放ったフィル・ゴセリンからスポットライトを奪った」と伝えている。

ゴセリンも「(大谷は)二塁打を打ったとき、バットを折ったと思うけど、それでも(打球初速は)104マイルで僕のホームランより強い打球だったんだ。彼がバットを折りながら自分よりも強い打球を打つのを見るのは、ちょっと惨めだね。クレイジーだよ」。

「彼は、恐らく僕がこれまで見てきたなかで、最も才能のある男に違いないと思う。毎日それが見られるのだから、有り難さもひとしおだね」と述べ、大谷を讃えたとのこと。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ