人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月26日

大谷翔平、タコス・スタンド直撃の7号。本塁打トップで明日先発

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

7号本塁打を放った大谷翔平

エンジェルスの大谷翔平は現地25日、敵地ミニッツメイドパークでのアストロズ戦で、2番・指名打者で先発出場し、8回に今季7号の勝ち越しソロ弾を放ってチームの勝利に貢献した。エンジェルスは4-2で勝利し、敵地でのシリーズ全敗を避けるとともに連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。

現地紙『オレンジカウンティレジスター』は同日付で電子版に掲載した記事の冒頭で、この日先発登板したディラン・バンディが7回2失点と好投したことから、「4連敗から抜け出すのに必死だったエンジェルスは、正に日曜の先発投手から必要としていた物を得た」とした。

これに続けて、値千金の本塁打を放った二刀流スターが現地月曜に先発登板することから、「月曜の先発投手からも得たのである」とした上で、「月曜に先発登板するショウヘイ・オオタニが勝ち越し弾を放ったのである」と、大谷の本塁打を伝えた。

記事によると、チームを率いるジョー・マドン監督は大谷について、「彼は何に対しても尻込みしない。彼は打席で全てにアタックしている。彼は明日、投げて打ちたいと言っている。彼は活動を欲している。彼は重要な局面でプレーしたいんだ。私は彼のしていること、そして彼のやり方に大満足している」と述べたとのこと。

なお、現地放送局の実況席では、この高々と上がった大飛球について、「どこまで飛ばすんだ!」「確かあそこには新設のタコス・スタンドがあったはずだ」「ショウヘイ、ザ・パワー!」「ワオ!」とひとしきり盛り上がりを見せた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

ちなみに、『MLB.com』が同日付で掲載した試合の速報記事によると、この大谷の本塁打は打球初速が時速107.1マイル(約172.4キロ)で、飛距離は440フィート(約134.1メートル)に達したとのこと。

さらに記事では、今季メジャー最多に並ぶ7号を放った大谷の本塁打を量産するペースについて、「わずか77打数で、2020年シーズンのトータルに並んだ」とし、飛距離については「オオタニの440フィート越えはこれが今季2本目であり、これはチームメイトのマイク・トラウト(3本)に次ぐ、MLBで2位の数字である」と、その破格のパワーについて伝えている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ