人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2018年10月23日

102年ぶりの対決! マエケン所属ドジャースvs.今季108勝レッドソックス。ワールドシリーズのみどころ

MLBコラム by 松山 ようこ
  • Line

◆10月24日(水)午後1:00 J SPORTS 4
・ワールドシリーズ 第1戦 レッドソックス vs. ドジャース

今季のワールドシリーズは、全米ファンが熱狂する組み合わせとなった。ナ・リーグを制したのは、前田健太の所属するロサンゼルス・ドジャース。ア・リーグを制したのは、ボストン・レッドソックス。

田中将大が所属するヤンキースがレッドソックスに勝って進出していれば、さらに熱狂したかもしれないし、日本人ファンには残念でもあるが、ともあれ人口の多いアメリカ両岸の都市をホームとする名門チーム同士が激突することとなった。

意外にも、歴史ある両チームがワールドシリーズで対戦するのは102年ぶりという。1916年、ロサンゼルス・ドジャースはブルックリン・ロビンスというチーム名で、対したボストン・レッドソックスには、あのベーブ・ルースもいた。

先発投手の完投が当たり前の時代で、第2戦でルースが完投勝利をあげたほか、第4、第5戦でもレッドソックスは先発投手が完投し、チームを勝利に導いている。その時の対戦では、4勝1敗でレッドソックスがワールドシリーズを制覇した。

一世紀の時を経て、今では短期決戦を勝ち抜くためには、リリーフ陣容が大きな割合を占めるようになったが、メジャーナンバーワンのリリーフ陣を擁したブリュワーズは、リーグチャンピオンシップシリーズ第7戦でドジャースに敗戦。

結果として、総合的に選手層の厚いドジャースが2年連続で、ワールドシリーズ進出を果たした。

なお、プレーオフ前の予想オッズでは、ワールドチャンピオンになる確率は「ドジャースが優位」だったが、両チームに限られてからの数字は、僅差で「レッドソックスが優位」となっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧