人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年6月24日

ビッグ6に5勝3分2敗。そのほかのクラブに7勝7分6敗

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

また、今シーズンのユナイテッドは対ビッグ6に5勝3分2敗。悪くない成績だが、そのほかのクラブには7勝7分6敗。ホームでバーンリーやウェストハムに負けたり、降格圏に沈むワトフォードやボーンマスにアウェーで屈したり、ポイントをロスしまくっている。この4試合に勝っていれば勝点58。レスターを3ポイント上まわる3位だったのだが……。

クラブの格は度外視すべきだ。無観客なのだから、オールド・トラッフォードでも地の利はない。シェフィールドが中二日で、ユナイテッドが中四日だったとしても、トッテナム戦(前出)で貢献できなかったアントニー・マルシャル、ダニエル・ジェームズは、今後の過密日程も踏まえて先発から外すべきだ。軽度の打撲傷を負ったヴィクトル・リンデレフも、無理をさせてはいけない。もちろん、ポグバに過信は禁物だ。

要するにオーレ・グンナー・スールシャール監督には、選手のコンディションとコロナ禍を深慮した人選が望まれる。ゲームプランや人員の配置ではなく、主力のタレントに負うところが大きい指揮官が、この非常時を乗り切れるのかどうか疑問であり、不安でもある。

シェフィールド戦の後はブライトン、ボーンマス、アストンヴィラ、サウサンプトン、クリスタルパレス、ウェストハム。最終節のレスター戦を迎えるまでは、本来なら与しやすい相手ばかりだ。しかし、今シーズンは取りこぼしが多く、スールシャールは監督として未熟だ。

目標のトップ4に向け、ユナイテッドの厳しい闘いはまだまだ続く。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ