人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年1月25日

イリア・マリニン、イザボー・レヴィト出場!世界中がアメリカのリンクに熱い視線を注ぐ | 全米フィギュアスケート選手権2024 プレビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
全米フィギュアスケート選手権2024

全米フィギュアスケート選手権2024

ナショナルチャンピオン……こんな特別な響きを持つタイトルを巡って、アメリカ全土から選りすぐられたフィギュアスケーターたちが一堂に集い、磨き上げた技を競い合う!

2024年フィギュアスケート全米選手権では、シニア部門は男女それぞれ18選手、ペア12組、アイスダンス14組が、オハイオ州コロンバスに乗り込み、1月25日から28日までの4日間で争われる。戦いの先に待っているのは、金・銀・銅に、錫(ピューター)を加えた4色メダルの栄光であり、もちろん来るチャンピオンシップの出場権。

シーズン後半戦のISU国際選手権の行方を占う意味でも、世界中が、アメリカのリンクに熱い視線を注ぐのだ。

(2024年四大陸選手権の代表は、例外的に事前に選出された)

■男子

なんてったってイリア・マリニン!全米ディフェンディングチャンピオンであり、今季のグランプリファイナル王者が、いつもどおりの演技さえできれば……現時点では国内に敵はいない。ショートプログラム(SP)、フリースケーティング(FS)、総合得点すべてにおいて、19歳は今シーズンの世界最高点を誇る。

果たしてマリニンはどんな構成で今大会に臨むのか。注目はむしろ、そこにある。GPファイナルではSPに4回転アクセルを飛び度肝を抜いたし、FSでは5種類6本の4回転を組み込み、5本を成功させた。基礎点だけならSP・FSともにワールドレコードを叩き出し、もはやジャンプ面ではこれ以上がないほどの難度に到達してしまった。

「ジャンプ以外」でも成長を誓うマリニンは、もちろんスピンやステップ、表現力の面でも絶賛進化中。母国ファンの前で、必ずや「魅せる」演技を披露してくれるに違いない。

そのスピンもステップも、表現力も、文句なしに世界最高レベルなのがジェイソン・ブラウンだろう。過去12回出場し、優勝1回、表彰台7回と、長く高く安定したキャリアを紡いできた29歳は、今年も全米に帰ってくる。11月半ば以来となる公式戦では、その研ぎ澄まされた一挙一動を見逃したくない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ