人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年4月19日

早稲田大学ラグビー蹴球部に「女子部」が誕生。歴史を一緒に創る部員を募集中!

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

早稲田大学ラグビー蹴球部女子部、4月から始動!

4月18日(木)東京・早稲田大学で、4月から活動を始めた早稲田大学ラグビー蹴球部「女子部門」の会見が行われた。ラグビー蹴球部部長の恩藏直人氏、ディレクターを務めるラグビー部OBの柳澤眞氏、リオ五輪の代表選手でもあった大学OGの横尾千里HC(ヘッドコーチ)、そして女子選手たちも登壇した。

まず、男子も含めたラグビー蹴球部の恩藏部長は「女子部創設にあたり、たくさん問い合わせがあったので、会見の機会を設けさせていただいた。2022年に早稲田のスポーツは125周年を迎えて、次の125年に向けて女子のアスリートの強化が掲げられた」。

「ラグビー蹴球部で競技をする選手は男子ばかりでしたが、部と大学と議論して今回、女子部の設置にいたりました。新たな取り組みにより、早稲田ラグビー蹴球部を活性化し、女子ラグビーの日本全体の底上げにつなげていきたい」と話した。

清宮克幸監督時代に選手として活躍し、現在はIT企業に務める柳澤ディレクターは、昨年5月に早稲田大学に通いつつ、他のクラブチームでプレーしている女子選手4人に初めて相談を受けたという。

「早稲田のラグビーで、男子同様にやりたいという女子の学生がいると聞いて会いました。自分が学生時代、勉強とラグビーの両方できるのは当たり前の選択肢でしたが、その選択肢が女子にないのは驚きでした」。

そこから柳澤ディレクターは女子ラグビーの現状を調べつつ、日本一を目指す150人以上いる部や大学とも交渉を重ね、ラグビー蹴球部の中で男女別の組織がベストではないかという結論にいたったという。

ラグビー 関東大学春季交流大会

「男子が大切にしているカルチャーを教育していって、男子が大切にしていることも女子も大切にしていかないといけない。お互いがリスペクトしていくことで部として前に進んでいくことができる」。

「女子部を作ったことでいい方向にいったよね、という思いでやっています。早稲田大学は影響力があるので、日本のラグビーにとって、女子がラグビーをやるのは当たり前になるようにできればと思います」(柳澤ディレクター)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ