人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月27日

「浦安D-Rocks」、NTTグループ再編で誕生した新チームの概要。ジャパンラグビー リーグワン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

新チーム名は「浦安D-Rocks」

7月26日(火)、東京都内でNTTグループの再編により設立されたラグビーの事業会社「NTT Sports X」が来季のジャパンラグビーリーグワン・ディビジョン2に参戦する新チームの概要会見を行い、新チーム名を「浦安D-Rocks」(ディーロックス)となることを発表した。

新チームは「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」(SA浦安)を受け継ぐ形で、練習拠点のある千葉県浦安市をホームタウンとしつつ、「NTTドコモ大阪レッドハリケーンズ」(RH大阪。来季からディビジョン3で活動)からも加入した選手と合わせ計58名で、1シーズンでのディビジョン1への昇格を目指す。

下沖正博社長(左)、内山浩文GM

登壇したのは下沖正博社長、内山浩文GM(ゼネラルマネージャー)の2人。下沖社長は「短期の目標は今季、ディビジョン1への昇格し、3~5年のうちにディビジョン1でベスト4,そして優勝を狙えるチームとなりたい。NTTグループ33万人をファンにしていき、ホストタウンの浦安に愛されるチームになりたい。そして3つ目は事業会社としてスピード感を持って、収支を明確にしていきたい」と話した。

女子ラグビー日本代表テストマッチ

「D-Rocks」の「D」には「Dynamic」(躍動)「Dream」(夢)「Delight」(歓喜)が、「Rocks」には岩のような力強さと、略語である「ROX」から「すごい」「最高」という意味も込められており、一枚岩のチーム力でファンを感動・魅了するチームであり続けるという意図が込められた。また、チームロゴは「燦然と光り輝く『一枚岩』として結束したチームパワーをイメージし、たゆまぬ努力と試練の先にある『栄光』をシンボル化した」という。

新ジャージ

チーム名にNTTを冠しなかったことに関して、下沖社長は「すでにNTTのシンボルチームとして存在していますし、地域に愛されるチームを目指すため」と説明した。1stジャージはこれまでリーグワンにはない「ネイビー」を使用し、チームカラーを基調とした生地の中に、レッドハリケーンズ大阪の赤いハリケーンとシャイニングアークス東京ベイ浦安の光拡散を融合させたという。2ndジャージはホワイトとなった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ