人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月16日

【ハイライト動画あり】連覇を狙う東海大仰星が充実の50得点!青森山田を破りカップトーナメント進出!全国高校7人制ラグビー大会2022予選プール(大会1日目)

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
トライを挙げた仰星1番藤原

トライを挙げた仰星1番藤原

7月16日(土)に長野・菅平高原で開幕した第9回全国高等7人制ラグビー大会。

参加48校が3校ずつ16組に分かれた予選プールで、Gプールの最終戦に、大会連覇を狙う1勝の大阪・東海大仰星が登場。

サニアパークのAグラウンドで、1敗の青森山田と相まみえた。

■Gプールに入った3校
倉敷(岡山・2大会連続2回目)
青森山田(青森・3大会連続3回目)
東海大仰星(大阪・8大会連続8回目)

【ハイライト】青森山田 vs. 東海大仰

東海大仰星は、初戦で1勝の倉敷を5点差(24-19)で降し、青森山田との予選プール最終戦へ。

ここで勝てばカップ(各組1位)トーナメント進出という状況。山本琉聖、松沼寛治、増山将、穴澤開、大畑咲太らのタレントがメンバー登録となった。

青森山田は大会1勝を懸けて昨年王者に挑戦。トゥポウカレッジ(トンガ)出身の背番号5フィリモネサイアを中心に攻勢をかけた。

序盤、青森山田はそのサイヤがショートキックで再獲得を狙ったが、東海大仰星に捕球され、エリア左の数的優位を攻略されて失トライ。

東海大仰星は前半3分、背番号2の山本琉聖が、トライ直前の相手6番サイヤから落球を誘うタックル。

この後自陣ゴール前から、ラインブレイクを足掛かりとして、最後は昨年決勝も経験している6番松沼寛治がフィニッシュ。約100mを切り返してみせた。

青森山田は1対1のタックル精度が落ち始め、さらに連続トライを奪われ、東海大仰星の26点リードで後半へ。

充実の東海大仰星は、勝利が濃厚になった後半も緩まず、前半の26得点に匹敵する24得点を挙げた。

まず後半開始直後、エリア中央へのグラバーキックから高來亜の独走トライを生み出すと、同4分には優勢のブレイクダウンからターンオーバーを起こすなど、後半に4連続トライ。

パスやキックで巧みにスペースにアプローチし、トライを量産。攻守のブレイクダウンでも圧倒した。

東海大仰星がペースを落とさず50-0で完勝し、カップトーナメント進出。連覇へ向けた階段をひとつ上った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ