人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月17日

いざ大会最終戦! 2勝目狙う慶大×初勝利めざす日体大。関東大学春季交流大会Bグループ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

今野 勇久主将(慶應義塾大学)

4月に火蓋が切られた第11回関東大学春季交流大会。

昨季の成績でA~Cグループに振り分けられ、Bグループには関東大学対抗戦A、関東大学リーグ戦1部の昨季4~6位が参加する。

そんなBグループ全5試合の戦いが6月19日(日)、いよいよ最終戦を迎える。

慶應義塾大学グラウンドで無観客試合として行われるのは、1勝1分2敗(不戦敗1)の慶大と、0勝4敗の日本体育大学の一戦だ。

慶大はFL今野勇久キャプテンを筆頭に、ユーティリティBKの山田響など昨季の主力が多く残る。

昨季大学選手権では躍進した近畿大学に13-10で競り勝ち、ベスト8。準々決勝で東海大学に12-27で敗れたが、今年こそ充実の戦力で年越しを果たし、日本一を掴みたい。

今季は初戦で不戦敗となり、筑波大学との第2戦では、終盤に盛り返されて同点決着(31-31)に。

ただ第3戦では逆に終盤の同点トライ&ゴール成功により、法政大学から逆転勝利(24-22)を奪った。

続く5月8日(日)の第4戦では流通経済大学に22-26で大会2敗目。

その後1か月強の間隔が空いており、そこで招待試合として明治大学(17-22)、早稲田大学(21-38)、天理大学(19-36)など、近年の日本一経験チームと実戦を重ねてきた。

その2週間前に行われた天理大戦から、先発メンバーは5人が変わった。

4年生のPR朝田将多とFL高(中が目)武俊輔が入り、両センター(CTB永山淳、CTB山本大悟)と11番(WTB伊吹央)が変更になった。

先発FWは上級生が中心。愚直なFL今野キャプテンをはじめ、慶大初の留学生で4年になったLOアイザイア・マプスア、ビッグヒッターの3年生NO8福澤慎太郎ら、大駒も揃う。

BKは4年生以外が多く、最上級生は桐蔭学園出身で副将の俊足WTB佐々木隼のみ。

ハーフ団は北海道の名門校・北嶺高出身のSH小城大和(2年)と、報徳学園出身の3年生SO山田響というコンビ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ