人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月10日

豪華BK陣の激突に注目。関東大学春季交流大会、早稲田大学対日本大学戦プレビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

BKは前節リザーブのSH齋藤史哉が9番を背負い、CTBから本来の持ち場に戻ったSO饒平名悠斗とHBを組む。スリークウォーターバックは左からWTB水間夢翔、CTB広瀬龍二、CTBジョアペ・ナコ、WTBナサニエル・トゥポウで、FBには普久原琉が帰ってきた。経験豊富で能力の高いランナーがそろっており、ほぼベストに近い構成という印象だ。

早稲田はこれが春季交流大会の最終戦。この先に控える夏合宿や秋の対抗戦へ弾みをつけるためにも、いい内容のゲームで春を締めくくりたいところだろう。逆に3週続けての連戦の初戦となる日大にとっては、ここまでの取り組みの成果を発揮して、今後の試合に向け自信をつかみたい一戦となる。お互いの気迫がぶつかり合う熱戦になりそうだ。

文:直江 光信

直江 光信

スポーツライター。1975年熊本市生まれ。熊本高校→早稲田大学卒。熊本高校でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。著書に「早稲田ラグビー 進化への闘争」(講談社)。現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ