人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月8日

【ハイライト動画あり】明治大学、リーグ戦王者に敗北。選手コメントから振り返る東海大学戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

2トライを挙げた森山

関東大学春季大会も残り2戦。優勝を懸けた大きな一戦がいわきで行われた。6月5日(日)、明治大学は関東大学リーグ戦で4連覇中の東海大学と対戦。明大は序盤からミスが目立ちリードを許す。後半に入っても東海大の力強いアタックを止められず。24-43で今季初の敗北を喫した。

ラグビー関東大学春季大会2022

前半4分、東海大にPG(ペナルティゴール)を決められ先制を許す。さらに東海大の右WTB(ウイング)中川湧眞のランを止められず、立て続けに2トライを奪われる。「先制トライを取られ受け身になってしまい、雰囲気も悪くなってしまった」(安田昂平・商2=御所実)。

17点差を追う展開となった中で明大の反撃は21分。ゴール前で反則をもらうとNO8(ナンバーエイト)松本光貴(商3=明大中野八王子)がタップですぐに再開。ラックからパスをつなぎ左CTB(センター)廣瀬雄也(商3=東福岡)がトライを決めた。

その後は両チームチャンスをつくるもスコアが動かず。迎えた前半終了間際、明大が再びゴール前まで攻め込みチャンスを迎える。ここで明大はFW(フォワード)陣で攻めることを選択。FWが身体を当て続けフェーズを重ねるも痛恨の反則。「あそこで取り切れず、明治のロックとして仕事ができなかった」(左LO/ロック山本嶺二郎・法3=京都成章)。

ラグビー関東大学春季大会2022

チャンスを生かし切れず前半を7-17で折り返すと、後半も流れは東海大。後半13分、東海大が得意とするモールを止められずトライを奪われる。「対策はしていたが、試合を通してモールにやられてしまった」(松本)。

それでも後半17分、左FL(フランカー)森山雄太(政経3=東福岡)が相手のタックルを受けながらも倒されることなくグラウンディング。トライ後は喜びを爆発させた。「気持ち良かったし、うれしかった」(森山)。再び、12-22と10点差に詰め寄る。

トライを決めた安田

このまま流れをつかみたかったが東海大のBK(バックス)陣を止められない。「コミュニケーションのミスが多かった」(SH/スクラムハーフ丸尾祐資・商4=報徳学園)。後半23分から32分にかけての10分間で3トライを許し、今年度最多の43失点。アタックでは安田、森山が終盤トライを挙げ意地を見せるも及ばず。24-43で敗北を喫した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ