人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月6日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、『チャレンジ』をテーマに臨むも帝京大学に敗戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

インゴールへ駆けるWTB西浦

春の大一番。早稲田大学は、関東大学春季大会第4節となる帝京大学との一戦を迎えた。試合開始早々、敵陣でのチャンスをものにし、SO(スタンドオフ)守屋大誠(政経2=東京・早実)が先制を挙げる。

その後は帝京大に逆転を許すが、FW(フォワード)が我慢をし、BK(バックス)がボールを大きく展開することで反撃を図る。チャンスの場面も見られたが、得点に結びつけられずに防戦一方。なかなか点差を縮めることができずに、26-52で悔しい敗戦となった。

試合開始直後から、先制のチャンスを得た早大。前半5分、敵陣深くのラインアウトモールを起点にCTB(センター)吉村紘(スポ4=東福岡)から守屋へパスが渡り、そのまま守屋が大きく弧を描くように相手を抜き去って先制トライを挙げた。その後は帝京大にペースを握られ、18分にはドライビングモール、21分には早大の連携パスの乱れからインゴールを明け渡してしまう。

今季初スタメンとなったFL小池

しかし、直後の23分、早大はFL(フランカー)小池航太郎(商3=東京・早実)のビッグゲインから、FWとBKが一体となった速いテンポのアタックでボールを展開し、WTB(ウィング)西浦剛臣(法2= ニュージーランド・ハミルトン・ボーイズ・ハイスクール)が左隅を駆け抜け、トライ。

続く25分には、LO(ロック)前田知暉(スポ4=東海大大阪仰星)が大きく抜け出し、FL村田陣悟(スポ3=京都成章)にラストパス。早大のトライかと思われたが、帝京大の粘り強いディフェンスにより好機を逸してしまう。

それでも27分には、早大の素早い攻撃を吉村がインゴール右隅にフィニッシュ。吉村のコンバージョンも決まり、7点追加で19-24に。追い上げムードの展開だったが終了間際には1トライを奪われ、前半ラストプレーでのキックパスは惜しくもノックオンの判定となり、19-31で試合を折り返した。

ラグビー関東大学春季大会2022

後半も帝京大の猛攻を受け、苦戦を強いられた。後半7分、相手にトライを許したが、すぐさま反撃に転じた早大。12分、中央付近で吉村からパスを受けたCTB野中健吾(スポ1=東海大大阪仰星)が相手の隙を突いて駆け抜け、PR(プロップ)川崎太雅(スポ3=東福岡)へ。ゴール前でSH(スクラムハーフ)宮尾昌典(スポ2=京都成章)にオフロードがつながり、そのまま中央へグランディング。スコアを26-38とした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ