人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月10日

【ハイライト動画あり】明治大学、スタメン総入れ替えで2連勝。層の厚さを見せる。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

2トライをあげ活躍した杉本

接戦となった早稲田大学との初戦を制して1週間後、新たな石田組の一面を見ることができた。

連勝を目指し、セナリオハウスフィールド三郷で行われた関東大学春季大会第2戦。明治大学は前戦からスタメンを総入れ替えし、迎えた相手は4年ぶりの対戦となった大東文化大学だ。

ラグビー関東大学春季大会2022

久々となる一戦の先制点は明大だった。前半10分、ハーフウェイラインから明大ボールのラインアウトで始まると、SO(スタンドオフ)池戸将太郎(政経3=東海大相模)がキックを仕掛け、ボールに反応した右CTB(センター)石塚勝己(情コミ3=桐蔭学園)が敵陣深くまで到達。

その後、再度池戸が蹴ったボールを右WTB(ウイング)杉本大雅(文4=国学院久我山)がゴールライン前で捉えトライを決めた。「上級生として流れを作らなくてはいけないと思っていた」(杉本)。その言葉通り、緊張感が漂っていたチームの空気に風穴を開けた。

このままの勢いで行くかと思われた明大だが「自分たちのミスから苦しい展開を作ってしまった」(右LO/ロック武内慎・商4=石見智翠館)。大東文化大に2連続トライを決められ、逆転を許してしまう。

しかし、このまま黙っていなかった明大。前半25分、アドバンテージから相手ゴールライン前でプレーが再開すると、左PR(プロップ)中山律希(政経3=天理)を筆頭にFW(フォワード)陣で勢いよく押し込みトライ。

「前が空いていたので(トライを決めに行った)」と中山。重戦車のごとくパワーで押し切った。その後、池戸がコンバージョンキックを決め、逆転に成功。そのまま流れにのった明大は2トライを奪い、24-10で前半を折り返す。

後半トライを決めた石塚

後半では今試合のテーマであった『主導権』を握る展開となった。後半4分、FB(フルバック)金昂平(政経2=大阪朝鮮)が相手のディフェンスを華麗にかわし、ビックゲイン。オフロードパスで石塚につなげると、そのままゴールラインまで走り切りトライ。「ハーフタイムで1対1を仕掛けていこうと話していて、(金)昂平がうまくやってくれた」(石塚)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ