人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月2日

【ハイライト動画あり】スカイアクティブズ広島が残留へ前進。釜石シーウェイブスから会心の勝利挙げる。ディビジョン2順位決定戦第2節レビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

リーグ戦での直接対決の結果はそれぞれホストゲームをものにしての1勝1敗。実力拮抗の両者が、入替戦回避をかけて激突するポストシーズンの大一番だ。プレッシャーはそれまでの試合とは別次元。だからこそわずかな差が勝者と敗者を分ける。まさにそんな試合だった。

冷たい雨が芝を濡らす難しいコンディションでのキックオフとなったこの一戦。先に見せ場を作ったのは、ホストチームの釜石シーウェイブスだった。

立ち上がりから果敢にパスをつないで相手ディフェンスを揺さぶり、開始3分にSOブレット・キャメロンの卓越した個人技からFL河野良太がインゴールへ駆け抜ける。これはTMO判定で一連のプレー中にノックオンがあったとしてノートライになったものの、その後もテンポよくボールを動かすアグレッシブなラグビーを展開。5分にFWとBKが一体となった連続攻撃からWTB吹越大清が右ライン際を抜け出し、先制のトライを挙げる。

しかしマツダスカイアクティブズ広島もすぐに反撃。9分のSO龍野光太朗のPGはポストに当たり不成功となったが、続くリスタートからカウンターを仕掛け、スピーディーにゲインを重ねてFBさき(山に竒)口銀二朗が中央を抜け出す。さらにサポートしたHO武田知大へとオフロードがつながり、一直線にポスト下へ。コンバージョンも決まって7-5と逆転した。

その後もスカイアクティブズは出足鋭いシャローディフェンスで勢いを生み出し、接点で厳しく体を当てて流れを引き寄せていく。17分には敵陣ゴール前でペナルティを獲得すると、ショットではなくスクラムを選択。力強いプッシュでさらにペナルティをもぎ取り、NO8イシレリ・マヌがクイックタップからタックラーの間を突き抜けて左中間に押さえる。SO龍野のゴール成功でリードは14-5に広がった。

劣勢を強いられるシーウェイブスがようやく息を吹き返したのは35分。度重なるピンチをしのぎ切って相手陣での攻撃機会を得ると、ゴール前での右ラインアウトでモール勝負を挑む。BKまで加わって懸命にドライブし、最後はHO伊藤大輝がなだれ込みながらグラウンディング。12-14とリードを縮めて前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ