人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月8日

メンバー話題のシャイニングアークス東京ベイ浦安。「リーグ最強の盾」埼玉ワイルドナイツに挑む

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

埼玉ワイルドナイツ vs. シャイニングアークス東京ベイ浦安

シャイニングアークス東京ベイ浦安のメンバーが話題を集めている。

一週間のBYE(休みの週)があったジャパンラグビーリーグワンの最高峰ディビジョン1(D1)は第11節を迎え、レギュラーシーズンはいよいよラスト5試合となった。

4月9日(土)は、9勝2敗(実戦9勝0敗)で3位の埼玉ワイルドナイツが、3勝8敗(実戦3勝5敗)で11位のシャイニングアークスを迎える。

ホストは、4強によるプレーオフトーナメントを見据え、怒濤の10連勝を狙うワイルドナイツ。舞台は本拠地・熊谷スポーツ文化公園ラグビー場(埼玉)だ。

会場では午後2時30分のキックオフ前に「DJ MIMORI from kolme」さん、「ミスブルー」(ワイルドナイツ・チアリーダー)によるパフォーマンスも。土曜日の熊谷市は最高気温20度を超える好天予報。存分にスタジアム体験を楽しめそうだ。

シャイニングアークス東京ベイ浦安スターティングメンバー

まずは下位3チームが回る入替戦を回避したいシャイニングアークスは、話題性あるメンバーで熊谷に乗り込む。

42-12で快勝した前節ブラックラムズ東京戦から先発15人中10人を変えたが、その中でも背番号9には注目せざるを得ない。

4月1日に出場解禁の新入団選手から、明治大学で主将を務めたSH飯沼蓮がいきなりリーグワン初出場、初先発を飾る。

SH飯沼は昨季の明大を準優勝に導いたアタッキングハーフで、豊富なフィットネスを土台とする正確なパスワークと判断に加え、攻撃的なランもある。強気な22歳はどんなリードを見せるのか。

その飯沼と14歳差のハーフ団を組むのが、元スコットランド代表主将で36歳のSOグレイグ・レイドローだ。

スクラムハーフのイメージが強いレイドローだが、スタンドオフ経験は豊か。スコットランド代表で10番を背負った経験もあり、来日後のインタビューでも「ポジションを訊ねられたら『スクラムハーフとスタンドオフです』と答えます」という認識を示している。

そして、日本代表としてW杯4大会連続出場を記録しているロック、新加入のトンプソンルークは、フランカーで今季初先発を飾る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ