人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月30日

宗像サニックスブルース、活動休止を発表。ジャパンラグビー リーグワン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

宗像サニックスブルースが会見

3月30日、ジャパンラグビー リーグワンのディビジョン3で戦っている宗像サニックスブルースが、今季をもって活動休止することを正式に発表。チームを運営する株式会社サニックスがオンライン会見を開き、続いてリーグワンもその対応に関するオンライン会見を行った。

まず、株式会社サニックスの執行役員の曽我拓氏より「最大限、チームの継続に向けて努力をしてまいりましたが、現在の経営環境を鑑みまして総合的に判断した結果、当社として、これまでと同様の体制でチームを強化、継続していくことは困難であると。苦渋の決断ではございますが、ラグビー部の活動を休止することを決定しました」と話した。

続いて、ラグビー部部長を務める渡邊敏行氏は、「(今季)17~18名の選手が入り、ファンに喜んでいただけるラグビーをしようと準備しているところで、このようなことになり、残念に思っております」。

「残りの試合は少ないですが、選手は必ず全力で戦ってくれると信じています。我々スタッフも会社側も、全力で選手のサポートをしてまいります。残り少ない活動になりますが、選手、スタッフはファンの皆さんに恩返しするつもりで戦っていきたい」と話した。

これで、1994年に創部された宗像サニックスブルースは、5月末をもって活動休止となることが正式に決まった。今年度、株式会社サニックスの事業の1つであるエネルギー関連で、価格が高騰し、ウクライナ情勢などの影響もあり、会社の経営が不安定になった影響が大きかったという。

今回の活動休止は30日の午前中に株式会社サニックスの取締役会が開かれ決定。午後にクラブハウスで、代表取締役社長である宗政寛氏により、選手たちにも伝えられた。2月に廃部を検討しているということを伝えていたが、もちろん選手たちはショックを受けている印象だったという。

今シーズンは4名が宗像サニックスブルースに新しく選手が入団したが、チームが今季で終わる可能性もあるということをあらかじめ伝えており、承諾した上で入団したという。現在、他社へのチーム譲渡について、福岡県宗像市以外で活動も含めて、リーグのバックアップも受けながら可能な限り検討しているという。所属選手に関しては移籍、再就職の支援などのバックアップをしていく考えだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ