人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月29日

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪、最前線2人と最後方1人の新戦力が加入

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

3人の大卒新人が加入

ジャパンラグビー リーグワンの大卒新人は4月1日から公式戦に出場が可能であり、すでに多くの選手が練習に参加し出場をうかがっている。ディビジョン1の各チームに加わった新人選手を紹介していきたい。

J SPORTS 放送情報

3月16日、今季終了後にNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安との再編が決まったNTTドコモレッドハリケーンズ大阪には、4月から3人の選手が入団することになっている。その構成はスクラムの最前線で身体を張るPR(プロップ)が2人、そしてランが武器のBK(バックス)が1人となった。

スクラムとボールキャリーが武器のPR小島

PRの1人目は、関東大学リーグ戦の大東文化大学で左PR(プロップ)として活躍していた小島燎成だ。身長183cm、体重121kgと世界レベルの体躯を持つ選手である。秋田工業高校入学後にラグビーを始めて、2、3年時に「花園」こと、全国高校ラグビー大会に出場し、3年時は3回戦で優勝した東海大仰星に27-27の引き分ける熱戦(抽選負け)に出場していた。スクラムに強みを見せる大東文化大学に進学し、3年生以降は主力として1番で活躍を続けた。

小島は「素晴らしい環境でラグビーをできることに感謝して一生懸命頑張ります。自信のあるスクラムに注目してください」と意気込んだ。言葉通り、まずはスクラムで存在感を示したい。

モールを押し込むPR山内

2人目は、大学4年時に関東大学リーグ戦で2位となった日本大学の右PRを担った身長188cm、体重125kgの山内開斗だ。佐賀工業でラグビーを始めて、高校では3年連続で花園を経験した。日本大学に進学後、1~2年時は試合に出場できなかったが、3年時の大学選手権に出場を果たした。そして大学4年時はFWの強い日本大学の中軸としてスクラム、モールで気を吐いた。

山内は「自身の強みである強いコンタクト力と、セットプレーでのラインアウトモールでルーキーらしくダイナミックなプレーでチームの勝利に貢献し、ラグビーを通じて感動や魅力を届けられるように日々精進していきます」と語気を強めた。大きな身体を活かして、まずは途中出場からチームにインパクトを与えたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ