人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月28日

ベスト4が決定。6年連続の桐蔭学園、2年連続の東福岡、19年ぶりの佐賀工業、そして初の報徳学園。全国高校選抜ラグビー大会 準々決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東海大大阪仰星vs.桐蔭学園

3月28日(月)、埼玉・熊谷ラグビー場で第23回全国高校選抜ラグビー大会の準々決勝3試合が開催された。準々決勝からワールドカップの会場だったスタジアムが使われ、有観客で開催された。

なお、第2試合で行われる予定だった流通経済大柏(千葉)vs.報徳学園(兵庫)は、流通経済大柏のチーム内に体調不良者が確認され、辞退の申し出があり大会実行委員会が受理した。そのため試合は中止されて報徳学園が不戦勝で初の準決勝に進出した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

10:00にキックオフされた第1試合は冬の花園王者、東海大大阪仰星(大阪)と、2017年から選抜で3連覇を達成した桐蔭学園(神奈川)が激突した。お互いにディフェンスが激しく、風も強かったことから、なかなかボールがつながらず互いに得点が取れない状況が続く。

ようやく前半20分、自陣から東海大大阪仰星がボールを継続してゴール前まで迫り、最後はLO(ロック)佐々木健介(2年)が右端にトライを挙げて5点を先制する。桐蔭学園も反撃。29分、ゴール前まで迫り、最後はゲームキャプテンPR(プロップ)守安史成が右中間にねじ込んで、5-5の同点に追いつき、ハーフタイムを迎える。

今大会はSOでプレーする桐蔭学園の矢崎

後半も互いに得点が取れない中、13分、桐蔭学園のCTB(センター)白井瑛人(1年)が力強く前に出てブレイクし、中央にトライ。ゴールも決まって12-5とリードする。CTB白井は「今日のテーマはチーム、個人ともに足をかくことでした。それができた」と胸を張った。21分にはSO(スタンドオフ)矢崎由高が、PG(ペナルティゴール)を決めて15-5とリードを広げた。

後半ロスタイム、仰星もFB増山のトライで一矢を報いた

東海大大阪仰星も後半ロスタイムにFB(フルバック)増山将(2年)がトライを挙げたが、そのままノーサイドを迎えた。桐蔭学園が15-10で勝利して、6年連続のベスト4進出を決めた。

前半、春日丘はモールを起点にトライを挙げた

第2試合は中止となったが、第3試合は予定通り午後1:00時にキックオフされた。昨年の選抜王者・東福岡(福岡)に中部大春日丘(愛知)がチャレンジした。東福岡は武器とするワイドアタックで攻めるが、試合序盤は相手のタックルの前になかなかいい形ができなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ