人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月16日

ジャパンラグビー リーグワン、「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」と「NTTドコモレッドハリケーンズ大阪」、NTTグループの2チームが再編

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

リーグワンの東海林一専務理事

3月16日(水)、日本電信電話株式会社(以下:NTT)、株式会社NTTドコモ(以下:ドコモ)、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(以下:NTTコム)から「ラグビー事業会社の設立とラグビーチームの再編成について」の発表があり、それを受けて一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンの東海林一専務理事が急遽、オンラインで会見を開いた。

まず、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンは3月に入り、NTT、ドコモ、NTTコムおよび、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪から、チームの再編成について以下のような申請を受けたという。

1 2022年7月にラグビーに関する新事業運営会社を設立し、NTTグループのシンボルチームを運営・保有する

2 NTTドコモは社員選手等で構成されたチームを運営・保有する

3 新事業運営会社を設立するに伴い、現在ジャパンラグビー リーグワンに参加しているNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安と、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪を、次シーズンから上述の2チームに再編成する

リーグワンとしては、今回のNTTグループからの申請を受けて、以下の内容を決定し、来季に向けた再審査とリーグの編成を検討していくという。

1 新事業運営会社は既存チーム(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安)を引き継ぐ会員として認め、帰属するチームのジャパンラグビー リーグワンの次シーズンからの参加を認める

2 NTTドコモが運営するチームは、チームの運営方針が変更されるため、チームからの申し出に基づき再審査を実施する予定

NTTグループの発表によると、まず、NTTとドコモ、NTTコムの3社は、2022年7月1日を目途として、ラグビー関連の新事業会社を3社合同で立ち上げて(資本金:25億円、出資比率:ドコモ40%、NTTコム40%、NTT20%)、現在のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安を引き継ぐ形で、千葉県浦安を練習拠点にNTTグループのシンボルチームとして常に優勝をうかがう、NTTグループと地域の双方から愛される事業性のあるチームを目指すという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ