人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月7日

【ハイライト動画あり】ブラックラムズ東京、薄氷を踏む勝利 グリーンロケッツ東葛は白星に見放される

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

「このチームの歴史を変えるためです」。グリーンロケッツ東葛(GR東葛)のゲームキャプテンを務めたレメキ ロマノ ラヴァは、試合終了間際、同点PGではなく、トライを狙った判断について語った。3月6日(日)、秩父宮ラグビー場で行われたリコーブラックラムズ東京(BR東京)対GR東葛の戦いは、最後までもつれる接戦になった。

午後2時30分、GR東葛ボールのキックオフ。先制したのはGR東葛だった。連続攻撃からCTBギハマット・シバサキが抜け出し、今季初先発のSH藤井達哉の山なりのパスを受けたWTB宮島裕之がインゴールへ。レメキのゴールも決まって、7点を先取する。その後のGR東葛はスクラムで反則が続き、前半13分、チームとしての同じ反則の繰り返しでHO新井望友がシンビン(10分間の一時退場)になってしまう。

この機に乗じて、BR東京はスクラムからNO8ボークコリン雷神がサイドアタックし、SOアイザック・ルーカスがトライ。ルーカスのゴールも決まって、7-7の同点とする。しかし、GR東葛は、レメキの好タッチキックでBR東京ゴールラインに迫り、23分、ラインアウトからモールを押し込んでHOアッシュ・ディクソンがトライをあげて、7-12とリード。30分にもレメキがPGを加えて7-15で前半を終えた。

後半の立ち上がりは、BR東京がルーカスのラインブレイクなどで攻め込み、ゴール前のPKでPGを狙わずにスクラムを選択するが、逆に反則をとられてチャンスを逸した。8分、レメキがPGを決めて、7-18となる。直後にも攻め込んだGR東葛だが、ラインアウトでノットストレートの判定で逸機。苦しんでいたBR東京の2つ目のトライは後半13分に生まれた。ハーフウェイライン付近からFBメイン平がカウンターアタック。タックルをハンドオフでかわしながら一気に右タッチライン際を快走し、右コーナーにボールを持ちこみトライ。難しいゴールをルーカスが決めて、14-18とした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ