人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年7月5日

2週連続の戦いで決定力不足の課題修正なるか。マオリ族の英雄に挑むジャパン・フィフティーン

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

 

リポビタンDチャレンジカップ2024「JAPAN XV VS マオリ・オールブラックス」第2戦は、7月6日(土)、愛知県の豊田スタジアムで行われる。第1戦は、マオリ・オールブラックスが36-10で勝利。大学生4人を含む若いメンバーでチャレンジしたJAPAN XVはスクラムではプレッシャーをかけ、素早い展開でチャンスを作ったが、ノックオンなど簡単なミスで得点につなげることができなかった。

試合後、エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ(HC)は「結果には怒りを持っています。しかし、学ぶことが多かった」と冷静に語った。「(チャンスで)ミスが多かったのはスキルが足りないことに尽きます。プレーの質を上げるしかありません」。日本のミスを切り返してスコアしたマオリ・オールブラックスのロス・フィリポHCは「経験があるということ」と、各選手の状況判断、スキルの高さを端的に表現した。

組織としての速さを意識し、準備した通りに戦おうとするJAPAN XVに対し、マオリ・オールブラックスは試合の中で適応し、モールで揺さぶり、流れの中で出来るディフェンスの穴を見逃さなかった。第1戦は来日まもない試合だったが、今回は準備期間もあり、セットプレーの精度を上げ、選手間のコンビネーションも高まるだろう。JAPAN XVにとっては、さらに難しいチャレンジになる。

 

7月4日午後に発表されたJAPAN XVの試合登録メンバーは、第1戦と大きくは変わっていなかった。それだけ成長が期待されているメンバーであり、ジョーンズHCの「意地を見せろ」というメッセージなのかもしれない。共同キャプテンを務めるHO原田衛、FL下川甲嗣山本凱らFW8人は変わらず。SHは先週先発した小山大輝がリザーブに回って齋藤直人(共同キャプテン)が先発する。SO山沢拓也は引き続き先発し、早大2年のFB矢崎由高は日本代表戦(対イングランド代表)も含めて3試合連続で15番を背負う。ジョーンズHCから急速な進歩を称賛された逸材が、持ち前のスピード、ステップで再びマオリ・オールブラックスのディフェンスを翻弄できるのか。思い切りのいいプレーを期待したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ