人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月7日

【ハイライト動画あり】“再興”途上の東芝ブレイブルーパス東京が連敗脱出!横浜キヤノンイーグルスを降す

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

リーチ マイケル

トップリーグで5度の優勝歴を持つ社会人名門・東芝ブレイブルーパス東京

準優勝と遂げた2015年度以降は、最高成績が17年度の6位でありリーグ中位に甘んじてきたが、今季は若手の台頭、コーチ増員などの強化策も奏功し、力強いラグビーを披露している。

そんな3勝4敗(実戦2勝4敗)のブレイブルーパスは3月5日(土)、ジャパンラグビーリーグワン「ディビジョン1」第8節で、5勝2敗(実戦4勝2敗)の横浜キヤノンイーグルスと激突した。

先週のシャイニングアークス東京ベイ浦安戦では逆転負けを喫したが、3連敗は避けるべく、NZ代表のFLマット・トッド、共にフィジー出身のCTBセタ・タマニバルとWTBジョネ・ナイカブラなど主力が帰ってきた。

さらに23歳の天理大コンビ、PR小鍜治悠太とFB松永拓朗、さらに19歳のLOワーナー・ディアンズという若手の成長株がスタメンに入った。

しかし序盤はビジターであるイーグルスが主導権を握った。

イーグルスは最初のアタックでいきなり自陣からLOサウマキアマナキがビッグゲイン。この日のクリーンブレイク数はイーグルスが7回(ブレイブルーパスは2回)であり、効果的なビッグゲインが多かった。

前半のブレイブルーパスが劣勢だった一因は反則数。

序盤から立て続けに5回のペナルティを犯し、相手にモメンタム(勢い)が増した。以下は前半のブレイブルーパスの被ペナルティだ。

※試合結果の「チョークボード」、東芝ブレイブルーパス東京「被ペナルティ(前半)

東芝ブレイブルーパス東京 被ペナルティ(前半)

前半だけで9回のペナルティを犯し(後半は5回)、前半3分にはSO田村優に先制のPG(ペナルティゴール)を許した。

さらにブレイブルーパスは前半8分、犯したペナルティからの速攻を受け、南アフリカ代表のCTBジェシー・クリエルの突破を許す。ここからショートサイドに6人が参加する複層的なラインからの突破を許し、10点ビハインドを背負った。

そんな劣勢ムードを払拭したのは、2戦連続の先発となった元日本代表キャプテン、ブレイブルーパスのFLリーチマイケル

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ