人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月6日

【ハイライト動画あり】磐石のワイルドナイツが敵地でレッドハリケーンズを圧倒。リーグワン第8節レビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

埼玉パナソニックワイルドナイツの防御は攻撃と表裏一体だ。相手のアタックを受け止め、ボールを奪い返して終わりではなく、そこからカウンターで切り返すところまでがひとつのセットになっている。攻守反転、いわゆるターンオーバーの直後は相手のディフェンス体勢が整っていないから、もっとも攻めやすいシチュエーションになる。そこから生まれたトライが、この日もゲームの大勢を決めた。

開始5分にワイルドナイツ、7分にNTTドコモレッドハリケーンズが1本ずつPGを決め合う立ち上がりの中、最初のトライが生まれたのは10分だった。中盤でのFLベン・ガンターの猛タックルからワイルドナイツがボールを奪うと、すかさず周辺の選手が反応して左サイドのスペースを前進。一連の流れでテンポよく攻撃を継続して相手防御を崩し切り、SO松田力也がギャップを抜け出して中央に飛び込んだ。

その後もホストゲームで気迫をみなぎらせるレッドハリケーンズの攻守に受けることなく体を当ててプレッシャーをかけ続け、ペナルティを誘発。22分、29分と、もうひとつの得点源であるゴール前でのラインアウトモールでキャプテンのHO坂手淳史が連続トライを挙げ、24-3とリードを拡大する。

レッドハリケーンズも34分、ハイボールのこぼれ球をPR西川和眞が確保してチャンスを作り、すばやいボールアウトからSO川向瑛のキックパスが右外のWTBラリー・スルンガに通ってトライを返す。しかしワイルドナイツは直後の38分、キックレシーブからの切り返しで左サイドを突破し、細かくパスをつないでNO8ジャック・コーネルセンが左スミにグラウンディング。ハーフタイム直前にレッドハリケーンズがゴールライン目前まで迫ったものの、ワイルドナイツはあわてることなくきっちりと攻め手を封じて反則を誘い、31-10で前半を折り返した。

後半最初の得点も、ワイルドナイツの得意のパターンから生まれた。9分、ハーフウェーライン付近で相手のパスミスに鋭く反応してカウンターアタックを仕掛けると、ディフェンスの薄い右オープンを攻略しCTBディラン・ライリーがインゴールへ走り抜ける。以降はPR稲垣啓太やHO堀江翔太ら豪華なリザーブメンバーを次々に投入し、主導権を完全掌握。13分にWTB竹山晃暉、21分WTBセミシ・トゥポウ、27分LOマーク・アボット、36分CTBライリーと、自在の攻めで着実にトライを重ねた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ