人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月18日

いよいよ今節から交流戦がスタート。地元駒沢でブラックラムズが充実のスピアーズに挑む。リーグワン第6節プレビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

ブラックラムズ東京 vs. クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

「ジャパンラグビー リーグワン」のディビジョン1は、ホスト&ビジターの2回戦で行われる同一カンファレンス内の1巡目の対戦が終了し、今週末から別カンファレンスのチームが激突する交流戦に入る。3月27日の第11節まで6節に渡って開催されるシリーズのオープニングマッチのひとつが、2月19日土曜日に駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われるリコーブラックラムズ東京クボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦(14時30分キックオフ)だ。

第5節終了時点のポイントテーブルを見ると、2勝3敗(うち不戦勝1、不戦敗1)の勝点12で7位につけるホストチームのブラックラムズに対し、ビジターのスピアーズは4勝1敗(うち不戦勝1)で勝点20の2位。前節、好調の横浜キヤノンイーグルスに50-21と快勝するなどスピアーズの充実ぶりが目を引くが、ブラックラムズも東京サントリーサンゴリアスに33-36、トヨタヴェルブリッツに19-23と昨季のトップリーグ上位勢を相手に接戦を演じており、チームに勢いがある。ブラックラムズにとっては地元・駒沢での記念すべきリーグワン最初の公式戦でもあるだけに、意地と気迫がぶつかり合う好ゲームになるだろう。

ここまでの戦いぶりを振り返ると、ブラックラムズは攻守ともアグレッシブに体を当て、ボール争奪局面で激しくファイトすることでリズムを作り出してきた。前に出るディフェンスでプレッシャーをかけて反則を誘い、敵陣深い位置でのマイボールラインアウトを起点に粘り強く近場を攻めるのが得意のトライパターンだ。SOアイザック・ルーカスの弾むようなラン、21歳のCTBメイン平の強気の仕掛け、FBマット・マッガーンのオールラウンドな能力も、アタックにアクセントを加えている。

対するスピアーズは、世界一のHOとも称されるマルコム・マークスやジャパンのスキッパー、FLピーター・ラピース・ラブスカフニらが牽引する強力FWと、卓越したプレーメイク力を誇るSOバーナード・フォーリー、CTB立川理道を擁するBK陣のバランスのとれたチーム力が強み。さらに今季はPRオペティ・ヘル、NO8千葉雄太らの成長や万能BK合谷和弘のセブンズ代表からの復帰もあって、戦力の層はさらに厚みを増した。チーム内競争の活性化に加え、個々のコンディションを踏まえてメンバーを柔軟に組み替えられることが、イーグルス戦で見せたような好パフォーマンスにつながっている印象だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ