人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月7日

【ハイライト動画あり】クボタスピアーズ船橋・東京ベイが4勝目!横浜キヤノンイーグルスに地力で勝る

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

横浜キヤノンイーグルス vs. クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

3勝1敗同士の好カードは、混戦模様の前半から一転、後半に差が広がった。

ジャパンラグビーリーグワン「ディヴィジョン1」の第5節カンファレンスA。

3位の横浜キヤノンイーグルスが2月6日(日)、神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場に2位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイを迎えた一戦。

リーグ屈指の攻撃力を誇るイーグルスだが、鮮やかな先制点はビジターのスピアーズだった。

まずはキックオフを絶妙な位置に落としてボールを保持すると、敵陣で連続攻撃を開始。右隅のラックでWTB金秀隆、突破後の中央でPR松波昭哉がそれぞれ一人でプロテクトして高速展開。

余った人数で数的優位を生み出し、第2節以来の出場となった日本代表の新キャプテン、ピーター・ラピース・ラブスカフニが左隅に電撃的なノーホイッスルトライ。2週間ぶりの実戦となった相手の出鼻を挫いた。

しかし5点を追いかけるイーグルスも、第2節ではハットトリックもあったCTB梶村祐介のショートキック&再獲得から敵陣へ。前半10分に意表を突いた高速のモール形成で初速を生み出し、そのままインゴールへ走って会心のトライ。FWが雄叫びを上げた。

1トライずつを取り合う展開となり、試合のムードは「実力伯仲」。しかしこの日のイーグルスは規律に課題を抱えた。

スピアーズのFLラブスカフニらのジャッカルもあり、イーグルスは1試合で15回のペナルティ(スピアーズは9回)。前半だけでスピアーズは実に5回のPG(ペナルティゴール)機会を手にした。

スピアーズは前半13、16分に2本連続のPG成功で11-7と逆転。イーグルスは前半24分にWTB起用のジェシー・クリエルが混戦模様を切り裂き、ゴール成功で14-11と再逆転。

スピアーズのSOバーナード・フォーリーは2回(前半28、33分)のPGチャンスを外してしまうが、相手のさらなる反則に助けられた。イーグルスは自陣でペナルティ(オフサイド)を犯し、SOフォーリーがPG成功。前半35分で14-14に追いついた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ