人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月4日

帝京大学、京都産業大学に競り勝ち決勝へ。ラグビー全国大学選手権 準決勝

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

トライを決めた白國

1月2日、ラグビー大学選手権準決勝。関東大学対抗戦1位の帝京大学は、関西大学リーグ1位の京都産業大学と国立競技場で対戦。前半は苦しみながらも、後半は怒濤の追い上げで京産大を抑え、37-30で決勝へ駒を進めた。

試合は開始直後から大きく動いた。前半2分、帝京大は敵陣ラインアウトから右へ展開、FB(フルバック)谷中樹平(3年=御所実業)が右隅へ先制トライを決める。

ラグビー 全国大学選手権 準決勝

しかし、前半5分にハンド、6分と11分にはオフサイドの反則で京産大にPG(ペナルティゴール)を決められてしまう。その後も14分にノックオン、アーリーエンゲージ、17分にノックオンと帝京大の反則が続いたが18分、19分にはコラプシング、オーバーザトップを京産大から誘い出す。

前半20分、WTB(ウィング)白國亮大(4年=大阪府立摂津)が相手ディフェンスをすり抜けトライを決め、10-3と点差を離す。しかし、その後、帝京大は6つ反則が続き、その間に京産大は24分と39分にPGを成功。さらに30分、41分に京産大に2トライ2ゴールを決められて、点差をさらに広げられてしまう。10-23と帝京大は13点差をつけられ、苦しい状態で前半戦が終了する。

ラグビー 全国大学選手権 決勝

後半から帝京大は本来の調子を取り戻していく。後半5分、帝京大は敵陣ゴール前ラインアウトから右展開。京産大がオフサイドになり、SO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)がPGを成功させる。9分、帝京大は敵陣ゴール前ラインアウトからモールを押し込み、HO(フッカー)江良颯(2年=大阪桐蔭)が左隅へトライを決め、3点差に迫る。

ディフェンスで貢献した奥井

その後は京産大の反則が続いてしまう。12分、京産大が帝京大ゴール前へ攻め込み連続攻撃を仕掛けたが、NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)がナイスジャッカルで京産大のノットリリースを誘う。14分、京産大が一気にゴール前までボールを運ぶが、またも奥井の必死のタックルでトライセーブで京産大のノックオン判定。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ