人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月27日

【ハイライト動画あり】帝京大が圧巻76得点。同志社大は後半反撃も届かず。全国大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

帝京大学vs.同志社大学

コンタクトスポーツであるラグビーの根本で上回った。

2021年度の大学王者を決める第58回全国大学選手権。

12月26日(日)は東京・秩父宮ラグビー場で、帝京大学(関東大学対抗戦1位)と同志社大学(関西大学Aリーグ4位)が4強進出をかけて激突した。

1万212人の観客が見守るなか、プロレフリーである久保修平レフリーの笛により、冬晴れの午後2時にキックオフ。試合開始から、4季ぶりの優勝を目指す帝京大がモメンタム(勢い)を生み出した。

同志社大は前半1分、ハーフウェイライン付近のブレイクダウン(タックル後のボール争奪)で反則。倒れた選手が帝京大NO8奥井章仁のジャッカルを防ぐために身体を回転させてしまった。

ここでPK(ペナルティキック)をもらった帝京大は、SO高本幹也が相手陣ゴール前5mまで前進する好タッチキック。ひとつの反則をトライチャンスに変えてみせると、ラインアウトモールを組み上げると前半3分、ルーキーLO青木恵斗が先制トライ。

帝京大は2分後にもブレイクダウンで圧力をかけ、タックルしたプレイヤーが退転しないノット・ロール・アウェイの反則を誘発。前半7分、ふたたび「相手の反則」「SO高本のタッチキック」「ラインアウトモール」というパターンから連続トライを奪った。

前半13分にも同パターンで敵陣奥に侵入すると、今度はゴール前でバックス展開。縦に切り込むランコースが絶妙なFB谷中樹平がフィニッシュした。

フォワードだけでなくバックスの決定力も見せた帝京大は、前半25分までにさらに3トライを追加。序盤でスコアを40-0とした。

しかし5季ぶりの準決勝進出をめざす同志社大は、ここから流れを押し戻してみせる。

強みであるブレイクダウンでは、エリアを後退した後にLO依藤隆史がジャッカル成功。2回生のPR山本敦輝も力を発揮した。

すると前半37分、攻勢に転じた同志社大にトライが生まれる。

敵陣スクラムでのフリーキックからNO8木原音弥がキャリーしてゴール前へ。前戦は欠場していた共同キャプテンのSH田村魁世がテンポを刻みながら16フェーズの波状攻撃。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ