人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月22日

対抗戦の上位争いを左右する一戦。本領発揮を期す明治、筑波はシーズン前半の集大成に。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

明治大学 飯沼蓮主将(9/18 明治大学 vs. 立教大学)

関東大学対抗戦Aは、今週末にシーズンの折り返しとなる第4節を迎える。その最大の注目カードが、昨季対抗戦1位の明治大学と同5位の筑波大学が激突する10月24日の一戦だ(@セナリオハウスフィールド三郷、13時キックオフ)。

現在3連勝中の明治大学は、青山学院大学戦(52-3)、立教大学戦(68-7)、日本体育大学戦(46-10)とすべて3トライ差以上のボーナスポイントを獲得し、勝ち点15で単独首位に立っている。もっとも、いずれも相手の鋭いタックルに食い込まれてアタックが停滞するシーンが多く、スコアはむしろ伸び悩んだという印象が強い。10月9日の日本体育大学戦では海外出身選手の推進力にディフェンス面でも苦しみ、神鳥監督が「非常に反省点の多い試合」と語れば、SH飯沼蓮主将も「ゼロ点の試合でした」と厳しい評価を口にした。

10/9 早稲田大学 vs. 筑波大学

一方の筑波大学はここまで1勝2敗、勝ち点5の5位ながら、対戦した相手はみな優勝候補に挙げられる実力校だ。初戦で分厚い戦力を誇る帝京大学と際どい接戦を演じ(7-17)、昨季3位の慶應義塾大学にはブレイクダウンのバトルを制して34-12の快勝。前節は今季好調が伝えられる早稲田大学を14-21と追いつめた。ゲーム内容も上位勢と遜色ない地力を感じさせるもので、チームの充実ぶりがうかがえる。

今回の対戦でひとつのポイントになりそうなのは、そうした両者の足どりの違いだ。明治大学は下位チーム相手のスコアの開くゲームが続いており、タイトな戦いが予想される顔合わせは今節が初となる。プレーのスピードと強度が一気に上がる試合の対応にはどんなチームでも苦しむことが多く、実際に昨年度の同カードでも、慶應義塾大学、帝京大学戦を経て臨んだ筑波大学に、明治大学は終了間際まで食い下がられている(最終スコアは33-17)。

逆に筑波大学はこれが上位勢との4戦目。懸念されるのは激闘の連続によるダメージの蓄積だが、過去3戦はすべて中2週とゲーム間隔が開いており、むしろチームはもっともフィットした状態といっていいだろう。心配されたケガ人もほとんど出ておらず、開幕戦を欠場した松島聡、谷山隼大らBKの主軸の復帰でより総合力が底上げされた印象もある。そうした現時点での両校の仕上がりの差が、試合展開にどのような色をつけるのか、想像がふくらむ部分だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ