人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月21日

オーストラリア代表「ワラビーズ」がメンバー発表。最強布陣で日本戦に挑む。ラグビー日本代表テストマッチ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

デイブ・レニーHC(オーストラリア代表)

10月23日(土)に大分・昭和電工ドームでラグビー日本代表と対戦する「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表(世界ランキング3位)が、試合登録メンバー23人を発表した。

好調を維持しているオーストラリア代表は現状考えられる最強の布陣で臨んできたと言えよう。日本代表とテストマッチで戦うのは2017年以来のことで、ここまではオーストラリア代表の4勝0敗だ。

夏から秋にかけてニュージーランド代表にこそ敗れたもの、2019年ワールドカップ王者の南アフリカ代表、アルゼンチン代表と対戦して4連勝中のワラビーズ。昨季からワラビーズを指導するデイブ・レニーHC(ヘッドコーチ)は「日本代表は今や世界の強豪と互角に戦えるチームです。とても速いゲームをしてくるので、それに対して一番強い布陣を用意した。また、いろんな展開に備えて臨機応変に対応できるように、ベンチメンバーも構成しました」と話した。

レニーHCは10月2日に行われたザ・ラグビーチャンピオンシップ最終戦のアルゼンチン代表戦から4人のメンバーを交替。昨季、トヨタヴェルブリッツでプレーした115キャップのキャプテンFL(フランカー)マイケル・フーパー、NECグリーンロケッツ東葛に在籍したWTB(ウィング)アンドリュー・ケラウェイ、花園近鉄ライナーズでプレーしているSO(スタンドオフ)クエイド・クーパーは先発に名を連ねた。

FW(フォワード)はLO(ロック)ダーシー・スウェインが、マット・フィリップに、FL(フランカー)ピート・サミュが、ロブ・レオタとベンチから2人が昇格、前の試合で先発した2人が控えに回った。また、この試合で出場すれば初キャップとなるHO(フッカー)コナル・マキナリーが控えに入った。

BK(バックス)は足首を負傷したCTB(センター)サム・ケレヴィ(東京サントリーサンゴリアス)をハンター・パイサミに、WTB(ウィング)ジョーダン・ペタイアからトム・ライトに変更した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ