人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月4日

ラグビー新リーグ「リーグワン」、2022年1月7日に国立競技場で開幕

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

全チームの選手が登場

10月4日(月)、オンラインで、来年1月に開幕する「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE」(ジャパンラグビー リーグワン)のメディアカンファレンスが行われた。

「DIVISION 1」は1月7日(金)、国立競技場で行われる埼玉ワイルドナイツvs.クボタスピアーズ船橋・東京ベイで開幕し、5月8日(日)まで行われる(プレーオフの日程は未定)。「DIVISION 2」は1月9日(日)、「DIVISION 3」は1月15日(土)にそれぞれ始まる。

出席した4人の理事

メディアカンファレンスには、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンの玉塚元一理事長、森重隆副理事長、東海林一専務理事、太田治常務理事が登壇。また、リーグワン DIVISION 1~3の24チームから24選手も参加した。

まず、東海林専務理事は「リーグワンは『みんなのためにFOR ALL あなたの街から、世界最高を作ろう』というバリュー、ビジョンを実現するために大きく進化します。主管権を各チームに委譲し、ホストスタジアムをチームが確保してまいります」。

「パートナー企業と一緒にラグビーを通して社会実現し、選手も競技からリーグ価値を実現するものに進化します。収益は大幅に拡大し、これらを支える組織としてチーム、リーグはプロフェッショナル視点で運営していき、社会的価値を実現していく」と挨拶した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

さらに新たに理事長に就任した玉塚元一氏は「2019年ワールドカップの成功は先人のラグビー界の方のたくさんの努力あがり、ラグビーに対する国民の意識が大きく変わった。大きな流れのチャンスができた。この2年、コロナで厳しい時間帯が続いているが、ラグビーの流れがある」。

「近くのラグビースクールでも子どもの数が増えている。リーグワンを成功させることが日本のラグビーのさらなる発展になる。みんながリーグワンの選手を目指し、高いレベルのラグビーを見て、やってみよう、みんなで応援しようという機運を作る。その延長が日本代表の強化につながり23年、27年ワールドカップでまた大きな成果を残す。一連の流れのためにリーグワンの成功は非常に重要です」と話した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ