人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月1日

ラグビー日本代表、NDSから代表昇格を目指す若き才能たち

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

NDSに選ばれた5選手

ラグビー日本代表が、秋のテストマッチシリーズに向け宮崎に集合し、合宿をスタートさせた。今回の合宿には代表スコッド39名に加えて、NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド=将来日本代表に選出される可能性のある高いポテンシャルを持った人材)5名も参加している。その5名がオンラインでメディアに対応した。

ラグビー日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)やコーチ数名とオンラインで会見を行い、練習からのアピール次第で、代表スコッドに昇格したり、11月の欧州ツアーのメンバーに選ばれたりする可能性があると伝えられていた。

ラグビー日本代表テストマッチ2021

5人のうち4名は昨季のトップリーグで高いパフォーマンスを見せた選手が選ばれた。1人目はHO(フッカー)武井日向(リコーブラックラムズ東京)だ。ルーキイヤーから活躍を見せて、新リーグに向けて今季、新たにリコーのキャプテンにも就任した伸び盛りの選手だ。

HO武井日向

NDSに選ばれて武井は「やっと(日本)代表で練習できるので、(日本代表の)スタートラインに立てて素直に嬉しい。誇りに思います」と破顔した。

また、5名は練習着、食事、練習といった待遇は代表スコッドと同じで、数人ごとに分かれるミニチームにも39名の代表スコッド同様に参加しているという。

練習初日はフィットネスなどで本格的に練習はしていないが、すでにスクラム担当の長谷川慎コーチと話す機会があり、武井は「慎さんにどんなスクラムを組むという話をされましたが、これからやっていく中で、課題やわからないところが増えていくと思うので、コミュニケーション取りながら成長していきたい。合宿の後半にはジャパンのスクラム組めるようにやっていきたい」と話した。

今後、代表スコッドに昇格し、試合に出るために必要なことを聞かれて武井は「自分の持ち味のフィールドプレーを伸ばしていかないといけない。特にジャッカルのところ。あとワークレイト」。

「きつくても走ったりするなどのアクションをしっかり見せていきたい。1つ1つ積み上げていって、信頼される選手になることがまず大事。1日1日無駄にせず、持ち味を発揮することが、これから先につながっていくので大切に過ごしていきたい」と先を見据えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ